おすすめサービス

Web制作者歴1年を過ぎたら常駐案件に挑戦してみるのがめちゃくちゃ良い話【スキルアップ】

本ページにはプロモーションが含まれています。

この記事はWeb制作の納品経験がある方向けの内容です。

まさひろくん

Web制作の実績を積み始めてるけど、もう少しレベルアップできる環境に行きたい…

二年目制作者さん

チームでやる仕事とか、新しい技術に触れるとか、できる範囲の案件だけじゃなく、次の一歩を踏み出したい

これは在宅でWeb制作フリーランスを初めた場合に、一年もしないうちに出てくる不安です。

Web制作フリーランスは意外に自分のできる範囲の案件しか請けないので、スキルアップに課題感が出てくるのですよね。

しょーご

それでフリーランスやめちゃう人が多かったり…

今回の記事では「実績をいくつか積んだ後、更に一歩進んだWeb制作者」になるために、「なぜ常駐案件が良いのか、常駐案件のメリット・デメリット」を紹介していきます。

常駐案件とは?

指定されたオフィスに常駐する働き方です。フリーランスというとノマドのような、場所も時間も自由に働くイメージが強いですが、フリーランスエンジニアに関しては常駐型の案件の方が多いのが実態。

この記事を書こうと思ったきっかけは、以下のツイートです。

一般にレバテックでフリーランス常駐案件を紹介してもらう際には「レバテックフリーランス」が一番多いですね。

中でも気になるのは、これ。

自分のスキルと案件内容があいそうなものをちょこちょこ提案していただけます!何社か面談したなかで、ちょうどキャッチアップしたいなと思っていたmicroCMSでサイト運営している会社さんに決めました!会社の規模もかなり大きく、一度そういった組織内部を体感したいという思いもあります。

https://twitter.com/shinji_fourps/status/1697808456823234719

意外に思われるかもしれませんが、私の周りのWeb系フリーランスも結構な割合で「常駐案件」を経験しています(主に最大手のレバテックフリーランス

これを解説している私自身はWeb制作歴6年目で、常駐経験はありませんが、周りに常駐経験者が多く、メリット・デメリットをよく把握しているつもりです。

今回の記事を読んでいただくことで、「自分の成長に常駐案件が必要なのかどうか」が分かりますので、是非最後までご覧ください。

しょーご

この記事を書いたのは
しょーご@samurabrass

このブログ「しょーごログ」の運営者。2018年からエンジニアとしてサイト制作やシステム開発を行いつつ、ブログとYouTubeで情報発信を行っている。駆け出しエンジニアのコーディング課題添削も行う。

常駐案件紹介サービスおすすめTOP4

【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ )
常駐案件を探すならまずここ!!業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。一年以上の実務経験があるならベスト
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/ )
エンド直なので高単価で、週2,3日の案件数はフリーランスエージェントの中でも随一
【第3位】Workship(公式:https://goworkship.com/ 
Web制作系の案件も網羅し、副業参画も可能
【第4位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
他社と比較しても、圧倒的に福利厚生が充実で、リモート案件が充実

フルリモート案件だけで停滞感を感じる

シャッター

Web制作フリーランスとして仕事をしていると、「停滞感」を感じることがあります。

詳しくは「Web制作フリーランスを辞めた人たちの特徴」という記事に書いていますが、私もフリーランス二年目あたりは悩んでいました。

しょーご

PHPもJSも微妙だし、Gitもたまに分からなくなるし、似たようなWordPress案件ばっか請けちゃうな〜

こういった悩みがありました。

しょーご

かといって、システム開発の案件にフルリモートで参画するのは怖すぎるし,,,

常駐案件のお誘い

そんな中、同じスクール同期の方から常駐案件のお誘いがありました。2019年ですね。

スクール同期

しょーごさん、東京でVueの案件募集があるんですが、一緒に参画しませんか?

その時は私は日和ってしまい

しょーご

(常駐か〜出社は嫌だなぁ…でもVue学びたいしなぁ…)

あ〜ちょっと今立て込んでて…

この判断は失敗でした。

その後友人は都内の開発会社でフロントエンドエンジニアとしてメキメキ成長していき、今では立派なプログラマーになっています。

片や私はWeb制作+基本的なPHPとJS、Vueは触りぐらいで、なんとも中途半端だな…

と思うことが、今でもたまにあります。

Vueも2020年からWeb制作案件でも見かけることが多くなってきています。

判断は早いほうがいいです。

常駐案件のデメリット

まさひろくん

常駐って、出社するってことですよね?嫌ですよ、フリーランスになってまで出社なんて

しょーご

まあみんなそう思いますよね。常駐のデメリットをまず上げていきますね。

常駐案件のデメリット
  1. 案件ガチャの可能性は0ではない
  2. 人間関係の構築
  3. 通勤しなければならない

❶案件ガチャの可能性

SESの客先常駐エンジニアと違って、フリーランスとして案件環境がわかっている所に参画するのですが、たまに聞かされていた状況とは異なることがあります。

友人Aの事例

私の友人Web制作者はレバテックフリーランスで週5常駐案件に参画しましたが、業務内容が聞かされていたものより広く、エージェントと相談した結果現場を抜けたようです。

これはレバテックフリーランス側も誤算だったようで、エージェントの方は真摯に対応して誤ってくれたそうです。

❷人間関係の構築

常駐先の人間関係がどうなるかは、完全に現場次第です。

フルリモートのときは担当者一人とだけやり取りしていれば良い場合が多いですが、常駐だと付き合う人の数が増えます。

これは後述するメリットの裏返しでもあるのですが、コミュニケーションが発生するので、避けたい人は多いかもしれません。

しょーご

私はむしろフルリモート過ぎて1年もすると人肌恋しくなったり、同僚が欲しくなりましたけどね笑

❸通勤しなければならない

常駐するとオフィスに通勤しなければなりません。

特に最近Web制作などは「フルリモートで稼げる!!」ということが声高に喧伝されてきたので、

せっかくフルリモートになれたのに、わざわざ通勤とか地獄でしょ

こう考える人が多いのも自然だと思いますし、私も一生を通勤し続けるのは嫌です笑

常駐案件のメリット

常駐案件のメリット
  1. 常駐先のエンジニアと交流しつつ信頼関係を構築できる
  2. 幅広い言語や仕事経験を積める
  3. 残業が少ない働き方をしやすい
  4. フルリモートも可能になってきた

❶常駐先のエンジニアと交流しつつ信頼関係を構築できる

常駐先では基本的にチーム開発の案件に参画することになります。

そういった際に相談できる相手がいたり、人脈が広がったりチャンスが広がります。

フルリモートのときにはあった「閉塞感」を打破することができるのが常駐の一つの強みです。

しょーご

次の案件獲得営業についてはレバテックフリーランスなどエージェントが行ってくれますし、今後の活動がかなり行いやすくなりますね!

❷幅広い言語や仕事経験を積める

常駐ではフルリモートよりも、自分が未経験の新しい技術の案件に参画しやすいイメージです。

しょーご

フルリモートで、かつ自分が未経験の技術を駆け出しの方が案件で行うのは、基本的にかなり難しいと思います。

友人Kの事例

友人Web制作者は現在「NoCodeツールの開発をReactで行う案件」に参画していますが、もともとReactは独学未経験でした。
しかし、コーダー歴2年ぐらいあったので、「やってみないか」ということで声がかかったようです。
その後開発を経て今ではディレクター兼フロントエンドエンジニアとして活躍しています。

よくWeb制作を学んでいる人は、JavaScriptを学んでフロントエンドエンジニアを目指そうとして挫折したりしますが、「常駐という選択肢」が取れるなら、案外道はあるかなと。

❸残業が少ない働き方をしやすいし、安定する

請負Web制作では、「納品=成果物にお金を払う」ですが、常駐だと「準委任契約=労働時間にお金を払う」なので、無駄な長時間労働になりにくかったり、恐ろしく時給が低くなることはありません。

しょーご

逆に請負契約だと、30万で受注しても作業時間200時間だと時給1,500円ですよね。よくあることですが。

❹フルリモートも可能になってきた

コロナ以後は、常駐がメインだった業界でもフルリモートがしやすくなってきました。

https://leverages.jp/news/2021/0318/2348/
  • 最初に常駐で参画して
  • 業務に慣れてきたら、フルリモートになる

こういった働き方が「レバテックフリーランス」の案件でも可能になってきたようです。

しょーご

いきなりフルリモートのほうが、相談しにくかったりで案件進めにくいと思うのですが、慣れてきたらフルリモートにできるのはとても良いポイントかなと!!

常駐は長いキャリアの中で一瞬で良いと思う

常駐案件を避けたいと思う人が多いですし、私も「ずっと常駐案件をし続けろ!」とは思いません。

さらなるスキルアップを行うために常駐案件に参画して、一気にレベルアップしてからフルリモートになる

この方が、Web業界で”高単価で”生き残るためにはおすすめの手法です。

Web制作者さん

Web制作しているけど、なんか最近停滞を感じる…

こんな方には是非エージェントサービスを活用して、「常駐」という選択肢も考えていただけたらと思います。

ただ、利用の注意点として

  • きちんと自己紹介プロフィールを入力しておく
  • こちらから興味ある案件はいいねしておく

こういったアクションを取らないと、向こうからリアクションが無いことも多いので、待ちでなく、積極的な姿勢で活用していくようにしてください。

\おすすめエージェントまとめはこちら/

常駐案件紹介サービスおすすめTOP4

【第1位】 レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/ )
常駐案件を探すならまずここ!!業界事情にも詳しく、保有している案件の幅も広い。一年以上の実務経験があるならベスト
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/ )
エンド直なので高単価で、週2,3日の案件数はフリーランスエージェントの中でも随一
【第3位】Workship(公式:https://goworkship.com/ 
Web制作系の案件も網羅し、副業参画も可能
【第4位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
他社と比較しても、圧倒的に福利厚生が充実で、リモート案件が充実

あなたに是非読んでほしい記事です!