プログラミング/仕事

Web制作案件獲得・受注方法【完全まとめ】

Web制作案件獲得・受注方法【完全まとめ】

こんにちは、現在Web系フリーランスとして3年ほど活動しているしょーごと申します。

この記事では「Web制作の案件獲得方法」についてまとめていきます。

大前提:評価されるポートフォリオ

実は最近

営業を受けた側

同じようなスクールのポートフォリオだらけで見飽きた…

と言った声を発注側から多く聞きます。

案件獲得の営業の前に、きちんと評価されるポートフォリオを作れているか確認しましょう!

案件獲得方法概論

まず「Web制作フリーランス」が案件獲得する場合、どういったところから案件を獲得できるのか、その全容を把握しておくことが重要です。

以下の記事でざっくり把握してみてください。

案件獲得のマインド

案件獲得活動は容易ではありません。営業に望む前に、マインド面を整えておきましょう。

以下の記事を踏まえていただければ、挫折しにくくなります。

しょーごログの初案件まで

私の実体験をまとめた記事になります。これは2018年当時のやり方ですが、一つの経験談として参考にしてみてください。

クラウドソーシングで案件獲得

クラウドソーシングは激戦&低単価と言われて数年経ちますが、未だにクラウドソーシングで利益をあげる駆け出しの方は実際にいらっちゃいます。

また私自身もクラウドソーシングで「発注者」として利用しますので、「発注者側の視点」から「クラウドソーシングで案件獲得する方法」を解説しています。

Web制作会社への営業方法

Web制作フリーランスの鉄板の営業として「Web制作会社への営業」があります。

実は多くのコーダーが制作会社と契約して毎月安定的に案件を受注しています。

その最先端の手法を徹底解説しています。

しょーご
しょーご
有料コンテンツになりますが、自分の例や周りのフリーランス100人程度を見てベストな手法を紹介していますので、自信アリです。

案件獲得のプラットフォーム

ある程度スキルのあるフリーランスは「月単価」「時給制」などで働いています。

以下は私自身も利用して案件につながった、フリーランスと企業のマッチングサービスになります。

積極的に「いいね」して興味があることを示しておくと、向こうからスカウトの可能性もあります!

穴場クラウドソーシング・サービスまとめ

フリーランススタート

ITプロパートナーズ

Workship

発注者はどこを見ているか

営業や提案を行うにあたって、「一体どこを発注者は重視しているのだろう」という疑問にお答えしています。

実は発注者の属性や案件の獲得経路によって、見られているポイントは違うのです。それを解説しています。

他のまとめ記事一覧↓

Web制作勉強法【完全まとめ】

Web制作実案件の進め方・流れ【完全解説】

Web系の仕事で役立つ便利ガジェット・サービス