おすすめサービス

最強のWebサイト分析改善ツールPtengineを徹底解説!【全Web制作者・ブロガーにおすすめ!】

最強のWebサイト分析改善ツールPtengineを徹底解説!【全Web制作者・ブロガーにおすすめ!】

こんにちは、フリーランスのWeb制作者兼ブログ運営歴3年ほどのしょーごです。

突然ですが、みなさん「サイト分析」及び分析結果をもとにした「改善施策」って、何か行っていますか?

ゆうすけくん
ゆうすけくん
あー、えーっと…(やばい、Webサイト作っただけで行っていないとは言えない…)
ようこちゃん
ようこちゃん
私はGoogle Analytics導入してますよ!どのページが見られてるかとか把握しています!
しょーご
しょーご
じゃあ具体的にページのどの部分で離脱されてるかって分かる?
ようこちゃん
ようこちゃん
…え…?
しょーご
しょーご
何が要因でCVして、何が要因で離脱されていて、じゃあその結果をもとに「こういう施策を行ったら売上伸びました!」みたいなのって、分かる?
ようこちゃん
ようこちゃん
いえ、PV数しかみていなかったです…
ゆうすけくん
ゆうすけくん
(…やばいPV数すら知らない…)
しょーご
しょーご
まあGoogle Analyticsは結構玄人向けのツールだからね。でも安心して!
しょーご
しょーご
今回「Ptengine」というサイト運営プラットフォームを使ってみて、このツール一つだけで誰でも簡単にサイト分析→改善施策が行えると思ったから、そのPtengineについてガッツリ解説していくよ!
しょーご
しょーご
Web制作者もPtengine使えると、普通にLPO案件取れると思います。

こんな方におすすめ
  • ブログが少し伸びてきたので、分析に興味がある
  • アフィリエイト収益をもっと伸ばしたい!
  • Web制作を行っているが、制作後の「保守・運用プラン」として提案をしてサブスク収益を作りたい
  • WebマーケターとしてLPO(LP最適化)を仕事にしたい

Ptengineがあれば、これだけで「サイト分析と分析後の改善」をオールインワンで行うことができます。

一応これを話している私自身は、これまで100件以上のWebサイトを納品し、同時に月5万pvのサイトを運営しております。

今回はこのサイトでPtengineを使用してみたので、基本的な機能とともに、実際にどう活用できるかを紹介していきます。

この記事を読むことで
  • Ptengineをブログなどでどう活用できそうか、分かるようになる
  • 運用などマーケティング提案の際に、どのように提案すれば案件獲得できるかわかるようになる

こうなることを目指していきます。

更新履歴(事例を追加したら追記)

 2021.07.26 ヒートマップを利用したリライト事例

これまでのサイト分析の課題

入れて終わりがデフォ

これをご覧の方は

  • Web制作を行っていて、サイトを作って納品している
  • ブログアフィリエイトを行っている

このような方が多いかと思います。

そして恐らくGoogle AnalyticsSeacrh Consoleなどを「なんとなく」導入しているのでは無いでしょうか?

そして、Analyticsを見たとしても、

  • なんとなく「アクティブユーザー数」を眺めている
  • どのページが見られているか、Top10ぐらいを見て満足している

こんな感じではないでしょうか(最近までの私です笑)

本質的にはほとんど意味のない数字なのに、ついつい見てしまう魔の数字

なぜこんなことが起きてしまうか

問題は「Google Analytics」などのツールが「玄人向き」である点かなと思っています。

あくまでデータを提供するだけ。玄人なら魔法のように「分析→仮設・効果検証→改善」のサイクルを回すことができますが、

我々のような素人にはまずどこをみればいいのか、何を考えればいいのかわかりません。

クリック数の計測も大変だったりします。

私はGoogle Analyticsなどで頑張ってCTAエリアのクリック数を図っていましたが、コードをいちいちHTML側に書き足さなくてはならないし、

どんな文言だとクリック率があがるのかを検証するのもとても難儀しました。

後ほど解説しますが、Ptengineではこれらの作業は一瞬で設定できます。

まさに、Ptengine自体が「サイト分析と改善を誰でも簡単にできることを目指したツール」だからこそに可能になります。

しょーご
しょーご
GAでサイト分析を挫折した私も、ちゃんと「サイト分析→改善」のサイクルが回せるようになりました

では、いよいよPtengineそのものについてここから解説していきます。

Ptengine概要

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

業界ではすでにメジャーなツール

最強のWebサイト分析改善ツールPtengineを徹底解説!【全Web制作者・ブロガーにおすすめ!】

まずPtengineについてお伝えしたいのは、どこぞのマイナーツールではなく、「世界中ですでに活用されている信頼に足るツールである」という点です。

「あらゆるデータ価値を最大化する」をミッションに掲げ、企業規模・業種にかかわらず、世界184ヶ国、20万以上のユーザーが利用しています。

2021年6月に刷新された機能

Ptengineをもともと知っている方はもしかしたら

博識な人

Ptengineって、ヒートマップツールで有名なやつでしょ?

と思われるかもしれません。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!
ヒートマップツールとは→赤いところが閲覧されている部分、緑ほど早くスクロールされていってる部分という感じで可視化できるツール

実は私も使い始めるまで完全に「ヒートマップツール」だと思っていました。

しかし、2021年6月に機能を刷新し、現在は

  1. ヒートマップ
  2. アクセス解析
  3. イベント分析
  4. セグメント分析
  5. サイト編集
  6. Web接客
  7. ABテスト
  8. パーソナライズ

という、「Webサイトの分析と改善がすべてPtengine一つで行える」ようなパワフルなツールに生まれ変わったのです。

そしてこれらの機能は以下の2つから使用することができます。

  1. Ptengine insight(❶〜❹まで)
  2. Ptengine Experience(❺〜❽まで)
全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

簡単に言うと、Insightはサイト分析ツールで、Experienceはサイトの最適化をノーコードで実施するツール、つまり、

Insightで分析→Experienceで改善施策を実施

という流れになります。

この2つを、私の活用例も踏まえつつ解説していきます。いよいよPtengineの具体的機能の説明に入ります!

Ptengine Insight

Ptengineの主要機能は以下の4つになります。

  1. アクセス解析
  2. ヒートマップ
  3. イベント計測
  4. セグメント分析

❶アクセス解析

Googleアナリティクスでも見ることができますが、Pengineではより視覚的にわかりやすく情報を出してくれます。

PV数など一部モザイクをかけています。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

こういった情報はGAでも見れますが、グラフなどを出してくれる分Insightのほうが初心者にはありがたいですね。

閲覧されたページランキングも簡単に確認することができます。

②イベント計測

イベント計測はかなり魅力的な機能です。

例えば私のブログはファーストビューにCTAボタンを置いているので、これを例にします。

まずは「イベント設定」より計測したいページに飛んで、計測したい要素をクリックします。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

選択した要素のみ」だと、「そのページのその要素だけ」計測対象になりますし、

もし「全ページに配置されているサイドバーなどを計測」する場合は、

カスタム」から

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

要素」の中で「タグ」や「class名」などを選択すればいいです。

クリックするだけで計測範囲を指定できるのは、めちゃくちゃ楽です!

ユースケース

サイト内にリンクを設置しているけど、実際どれぐらいクリックされているのかわからない場合など

簡単にイベント全体のクリック数も確認することができます。

③ヒートマップ

ヒートマップツールでは大きく3種類の機能があります。

クリックヒートマップ

ユーザーがどこをクリックしたかを表示してくれます。

例えばこのしょーごログトップページのクリックヒートマップを見てみましょう。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

ファーストビューのボタンがそこそこ押されてるようです。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

これを見ると、ブログトップページに来るユーザーは最新記事を見つけに来ている可能性がありますね。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

ちなみにこの赤枠で囲んだ数字は「閲覧維持率」を表しており、いきなり数字が下がっていたら「別のページに飛んだか」「直帰したか」を推察することができます。

ちょっとこの仮設を確かめるために、この後紹介する予定の「セグメント分析」を使って、

  • 新規訪問
  • 再訪問

どちらのユーザーも同じ動きをするのか確かめてみましょう!

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

左は「新規訪問」右が「再訪問」なんですが、クリック箇所はほとんど動きは変わらないようですね!

ちなみにさりげにスマホ表示にしてますが、PC、タブレット、スマホなど多様なサイズで検証することができます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

アテンションヒートマップ

ヒートマップと聞いてイメージするのはこれかもしれません。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

青い部分は読まれておらず、赤い部分ほど熟読されているエリアになります。

ページ分析

リンク要素でクリックされているものとされていないものを色で分けたり、全体の中でのクリックの割合を表示してくれる機能です。

二週間の期間で表示してみます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

こうやって見ると、やはり新規記事ほどクリックされる割合が高いのが一目瞭然ですね。

だとすると、1ページに表示する記事数というのはもう少し少なくてもいいのかもという仮設を立てられます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

サイドバーの「人気記事エリア」ですが、やはり一位に近いほど閲覧されていますね。

全体的にクリック率は悪くないので、回遊率に寄与していると考えられます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

対して、同じサイドバーの「管理人のおすすめ記事」ですが、こちらは全然ですね。

ごっそり要素を削るか、記事を入れ替えるして回遊率を改善する余地があることがこれでわかりました!

もっとクリックされてると思いこんでました笑

トップページだけとはいえ、2週間で0クリックって…

ヒートマップを利用したリライトについて

離脱率が分かるので、リライトや改善も場所を特定して行うことができます。

この空白はアドセンス広告です。本文前の広告が離脱率に寄与してしまってます。10%のユーザーが記事を読まずに離脱するのです。なんという…

ヒートマップ

こちらはフッター付近。このあたりにCTAを置いてもいいですが、そもそもここまで来るユーザーがほとんどいないので、記事上部にもCTAを置いたほうがいいかもですね。

ヒートマップ

④セグメント分析

セグメント分析は、これまで紹介した機能と併用する機能で、例えば

  • CVしたユーザーはどのような動きをしたか
  • 「新規訪問」と「再訪問」ではどう動きが違うのか

などを調べるのに役立ちます。

私はnoteでコーディング課題を販売しているのですが、試しにこの「noteへのリンクはどのページから主にクリックされているのか」を調べるために、

各noteへのリンククリック」のイベントでセグメントをかけてみようと思います。

予めnoteへのリンクをサイト全体でイベント指定している状態です。

まずは、セグメントから「イベント」を選択します。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

その後、クリックイベントを選択していきます。

私は沢山の種類の課題を出してますので、量が多いです笑

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

数値レポート」の閲覧されたページ部分に「noteへのリンクが押下されたページ」がpv数順に並んでいます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

これによって、「成果に寄与しているページ」と「そうでないページ」が一目瞭然になるわけです。

チャットサポートについて

ちなみにこの「noteという外部プラットフォームへの移動はどうイベント登録すればよいのか」が最初分からなく、チャットで質問していました。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

返信は10分以内に来たので、スピード感がすごかったですね。

Ptengneは機能が豊富ですが、何か分からないことがあればチャットで気軽に聞けるのはいいと思います。

Ptengine Experience

  1. Webサイト編集
  2. Web接客(ポップアップ、サイドバー)
  3. A/Bテスト

❶Webサイト編集

ノーコードでWebサイトの編集・更新が可能です。ページを実際の目で確認しながら、サイト上のテキストや画像、ボタン、リンクの内容などを自由に編集できます。

コードを書く必要がないので、プログラミングの知識がない方でも簡単に利用できるのがポイントです。

試しにこのサイトのファーストビューのCTAボタンのマイクロコピーを一瞬で変更してみましょう。

これを変更する

まずは「体験を新規作成」→「編集するページのURLを入力」していきます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!
全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

その後、該当箇所をクリックしてテキストを変更します。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!
全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

また、スタイルを変更することも可能です。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

HTMLに慣れている方は、HTMLの編集も行うことができます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

これによって、わざわざサイトのソースコードを開いて編集する必要がなくなったわけですね!便利。

具体的な活用事例

ファーストビューのマイクロコピーを差し替えて、A/Bテストを行うなど

❷Web接客

これは「ポップアップ」や「サイドバー」を設置することができる機能になります。

私はポップアップをメインで使用しているので、そちらを紹介していければと思います。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

ポップアップはテンプレートから選ぶことができますが、一から作る場合も簡単です。

配置やサイズ、オーバーレイを加えるかどうか、

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

スタイルを編集することもできます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

画像やボタンフォームも自由に配置することができます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!
全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!
全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

また、「カウントダウン(タイムセールなど)」もあります。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

以下のポップアップをすでに見た方もいるかもしれませんが、ここで作成し管理しているものになります。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!
全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

しょーご
しょーご
これを完全ノーコードで作成できるのはすごいですよね!

最後にポップアップをどのタイミングで表示させるか設定していきます。

ここまででポップアップはできたので、後はその他の設定をしてきます。

  • ゴール→イベントなどを登録、ここではポップアップで飛んだ先に記事LPのnoteへのリンククリックをゴールとしています。
  • ページ条件→どのページで表示させるか選べます。私は指定していないので、配信は全ページ対象です。
  • 対象ユーザー→どのようなユーザーに表示させるか選べます。ここでは「PCユーザーにのみポップアップを出現させたい」ので、そうしています。
全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

ここまでできたら、あとは配信スタートするだけです。

配信したものは、数値がダッシュボードに表示されるようになります。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

記事の回遊率を上げたい場合

例えば、「Aの記事を80%地点までスクロールしたら、一緒に読まれている記事、似た属性の記事をポップアップで出現させて回遊を促す」といった施策も行えます。

例えば私の以下の「YouTube登録者数1000人~5000人の収入公開 【7ヶ月分】」という記事ですが、

90%ほどスクロールした見込み度の高いユーザーに「ブログ収益記事」も見てもらうようにポップアップを出現させています。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

このように、ブロガー目線でもかなり使い出がある機能だと思います。

❸A/Bテスト

作成したマイクロコピーやポップアップを2つ交互に配信することで、より成果の出たもの(クリックされたもの)を見つけることができる機能です。

例えば先程変更したファーストビューのマイクロコピーですが、

  • 無料で
  • 今すぐ

どちらのほうがクリック率が高くなるだろうと検証したい場合は、テストパターンを追加することで簡単にA/Bテストを行うことができます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

また、ポップアップも同様で、

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

A/Bテストを行い、また「統計的に有意な差かどうか」というのも判断してくれます。

これで良い方を選べばいいわけですね!

導入方法と価格

導入は1タグ設置するだけ

HTML編集できるサイトなら、head部分に指定タグを入力するだけでOKです。

注意点として、HTMLが全く触れないサービスでは計測できないので、そこだけご注意下さい。

価格

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!

価格に関しては、「サイトの規模(PV数)に応じて変わる形式」となっております。

また、InsightとExperienceでそれぞれ単体で契約することも可能です。

Ptengine価格プラン

https://www.ptengine.jp/plan/

試しにInsightとExperience両方を含む「Bundle Pack」で見てみましょう。

  • 月間3.000pv→¥9,980/月(税込み)
  • 月間10,000pv→¥21,780/月(税込み)
  • 月間50,000pv→¥43,780/月(税込み)
  • 月間10万pv→¥65,780/月(税込み)
  • 月間20万pv→¥109,780/月(税込み)

正直安くはないかなと思います。

しかし、今から紹介しますが、Ptengineは無料で利用することも可能です。

無料で使える範囲

Ptengineは「毎月合計3000pvに達するまで無料で一部機能を使用することができます。

全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!
Insightの無料/有料プランの機能差
全ブロガーWeb制作者におすすめ!最強のWebサイト分析ツールPtengineを徹底解説!
Experienceの場合

また、その後も「14日間の無料トライアル」でInsight、Experienceの有料機能をお試しできます。

トライアル期間中は3,000万PV、600万イベントまで利用可能です。

私もここまで紹介してきたデータの大半は「無料トライアル中」に取得したものになるので、サイト分析を割とガッツリすることができます。

しょーご
しょーご
14日間と言う設定は中々で、ちょうどPDCAを小さく回せる期間になっています。

LPOや運用でどう提案するか

さて、PtengineはWeb制作を行う実装者やマーケターにもおすすめなわけですが、実際に案件の際はどう提案すればいいのでしょうか。

ずばり、「この記事に書いてある内容をそのまま説明できれば、割と真剣に検討されます(予算が許せば)」

なんとなく運用されているLPやWebサイトが大半の中で、いままで紹介したPtengineの機能を紹介し、

提案者

貴社のサイトの場合は、〜という商材がメインだと思うので、まずヒートマップを使って離脱率やCTAの改善を行い、また〜のコンテンツを以前見た見込み度の高いなユーザー向けに〜という商材のポップアップを配信すれば、CVRが上昇するかもしれません。もう少し詳細は直接お話させていただければと思います。

など、相手メディアの場合は簡単にどのように改善していけそうか提案するだけで、

提案を受けた側

そんなにガッツリ分析して改善までしてくれるなら、考えてみようかな…

となる可能性は高いです。

しょーご
しょーご
私自身がそう言われると揺らぎますからね…

一見難しそうですが、分析と改善はほとんど全てPtengineの機能で完結させられます。

Ptengineで今度こそ「ちゃんと」サイトを分析しよう

私はこれまでGoogle AnalyticsやSearch Consoleで「PV数」を「なんとなく」眺めるだけの人生でした。

しかし、Ptengineに触れてからは、私のようなサイト分析初心者でも「簡単に分析→改善のPDCA」を回すことができています。

  • Ptengineで自分のブログ・メディアの分析改善をしたい
  • WebサイトやLPの運用改善を仕事にしたい

両方ののぞみを叶えてくれるベストなツールであると胸を張って言えます。

ともに「真に成果を生み出すサイト」を作っていきましょう。

今後もこのサイトで活用事例が溜まってきたら、随時更新していきます!

あなたに是非読んでほしい記事です!