ブログ/YouTube

登録者1万人YouTuberの収入はどれくらいか 【9ヶ月分収益発表】

YouTube登録者5000人~1万人の収入はどれくらいか 【9ヶ月分収益発表】

こんにちは、現在フリーランスのエンジニアとして活動しているしょーごです。

2020年1月ぐらいから本格的にYouTube活動を初めて一年半ほど経ちますが、

YouTubeのチャンネル登録者数は300人→10000人まで伸ばすことができました。

今回はそんな私のYouTubeにおける「広告収益」を発表していこうと思います。

2020年10月から2021年6月までの9ヶ月分で、登録者数5000人から1万人までの推移を見ていきます。

また、広告収益は私のYouTubeが関連している収益のほんの一部分でしかないので、

広告収益以外で具体的にどのように収益を出しているのか

これも解説しようと思います。

まさひろくん
まさひろくん
たくさんの登録者数いないと儲からないのかな…
ようこちゃん
ようこちゃん
再生数出せるか不安
ゆうすけくん
ゆうすけくん
そもそも広告収益以外にどんな方法があるの?投げ銭?

など、今後YouTubeをやりたいけど不安な人にも参考になると思います。私の再生数は割と低いので笑

この記事で学べること
  1. YouTube登録者数5000人→10000人の広告収益が分かる
  2. YouTubeの広告収益がどのように決められているかわかる
  3. 広告収益以外の稼ぎ方が分かる

1000人から5000人までの収益記事は以下になります↓

YouTubeチャンネル「しょーごログ」のジャンル

動画の広告単価はジャンルによって大幅に変わってきます。

この動画のジャンルは「ハウツー系、ビジネス系」になります。かなり広告単価が高い部類です。

YouTube収益化の前提

収益化には①登録者数1000人 ②一年間の動画再生時間が4000時間を超える必要がある

YouTubeの収益化には条件があり、私がこの条件を満たしたのは2020年5月24日でした。

  1. 登録者数1000人は3/24日に達成
  2. 再生時間4000時間を5/24に達成

そして、5/26日に申請が通り、めでたく収益化となりました。

2020年10月5日 5000人突破
2020年11月24日 6000人突破
2021年1月10日 7000人突破
2021年2月15日 8000人突破
2021年4月3日 9000人突破
2021年6月13日 1万人突破

登録者5000人〜1万人の収益公開

それでは早速紹介していきます。

10月11月12月1月2月
投稿数00740
再生数2.6万2.5万3.4万4,4万3.2万
登録者数5000人6000人6500人7000人8000人
RPM800代900代900代900代900代
収益¥20.958¥22.951¥33.238¥41.112¥26.072
3月4月5月6月
投稿数0052
再生数3,3万2.7万3.4万3.4万
登録者数9000人9300人9800人1万人
RPM1000代1000代900代1200代
収益¥33.527¥28.310¥35.734¥41.367

毎月平均3万円ほどもらえている感じです。

これは後ほど紹介するYouTubeが絡む収益の中でもほんの一部分です。

ここで重要なのは収益よりもRPMで、これが分かると見方が変わってきます。

RPMとは

RPM はインプレッション収益を意味し、視聴回数 1,000 回あたりの収益額を示します。

YouTuberの収益報告はRPMのほうが重要なので、覚えておくといいです。

あれ、広告単価が時期によりそこまで変わっていない?

以前の記事でも

期末中心にや12月や3月は広告単価が上がる傾向にある

という話をしました。これは各企業が広告予算を使い切ろうとしてGoogle に出される広告費用が多くなるからです。

しょーご
しょーご
使い切らないと、次期の広告予算を減らされるから、らしいです。

しかし私ぐらいの小規模だとほぼRPMに影響はないのかなと思います。

YouTubeで収益化手段は何がある?

ここまで「広告収益」について主に延べてきました。しかしこれは正直「ほんのお小遣い程度」でしかないです。

まずYouTubeにおいて、広告収益含め「どんな収益化手段があるのか」を一覧にしてみましたので、御覧ください。

YouTubeで収益を得られる手段一覧
  1. 広告収益
  2. 企業案件
  3. アフィリエイト
  4. 自分の商品販売
  5. メンバーシップ
  6. スーパーチャット
  7. スーパーセンクス

上記一つずつ紹介していきますが、私の主戦場の部分は具体的にどうやっているかを説明していこうと思います。

❶広告収益

みなさんご存知の広告収益です。実は広告も様々な種類やタイミングがあり、それによって収益が大幅に変わります。

YouTube収益化 方法

上記は私の設定ですが、

  • スキップ可能、スキップ不可のもの両方配信を許可し
  • 動画が始まる前、動画途中、動画終了後の3パターンをフルで許可し
  • かつ8分以上の動画を投稿する(8分を超えないと複数回広告が動画途中に流れず収益効率が落ちるため)

こんな設定にしています。だから一再生1円近くという非常に高い部類に入っているのかなと思います。

逆に8分以内の動画をメインに投稿している人は動画に流せる広告数がかなり絞られるので、

RPMは100~300、いわゆる「一再生0.1円」ということになります。

補足で、YouTube Premiermユーザーには広告が流れませんが、視聴された時ちゃんと収益が入るようになっています。

❷企業案件

所謂「案件」と呼ばれ、あまり良い印象で語られないアレです。

ただこの「企業案件の単価」は、現在企業が動画プロモーションに予算を多めに投下しているのもあり、みなさんが想像している以上にもらっている可能性が高いです。

私のチャンネルも企業案件の提案が来ることがありますが、「動画一つアップで10万」という値段も割と普通です。

他にも

担当者

このモニター無償供与するので、レビューお願いできますか?

担当者

弊社サービスをレビューいただければと思います。報酬は相談できればと思います。

といった営業メールが月1以上は来ております。

私は案件動画はまだ作成したことがないですが、登録者数1万人でもうまくやれば月10万以上稼げると思います。

❸アフィリエイト

ありさちゃん
ありさちゃん
YouTubeでアフィリエイトってどういうこと!?

と思われるかもしれませんが、実は多くのYouTuberが広告収益よりもアフィリエイトで大きな収益を上げています。

アフィリエイトリンクの設置箇所は大きく2箇所です。

①概要欄

これは鉄板です。

このようなAmazonへのリンクを見たことがないでしょうか?

YouTube アフィリエイト
マコなり社長

これはまこなり社長の概要欄ですが、ここにある商品リンクはすべて「Amazonアソシエイト」というAmazonのアフィリエイトリンクです。

こういったものですね。

https://amzn.to/3yqLbve

ここから商品が購入されると数%のキックバックが設置者に入ります。

製品紹介系YouTuberなどはAmazonだけでかなりの収益になっていると思われます。

YouTube アフィリエイト
両学長 リベラルアーツ大学

これは両学長の概要欄ですが、がっつり「アクセストレード」というASPのリンクが見えます。

ここから「無料のパンフレット&サンプル教材の申し込み」に繋がると、何千円かのキックバックが発生するという感じです。

しょーごログの場合

私のチャンネル「しょーごログ」でもAmazonアフィリエイトを精力的に行っています。

ちなみに収益は月1万程度ですが、アフィリエイトよりもブログへの流入を中心にしているので、

YouTube経由でブログに来てアフィリエイト収益発生になった額はそれなりにあると思います。

②コミュニティー

コミュニティー機能」というものがあります。

このような投稿をYouTube内で見たことがないでしょうか?

Youtube しょーごログ
https://www.youtube.com/channel/UCdMzoB8z-zUwNOS9ZC4FsAQ/community

これはYouTubeトップ画面に表示されるもので、登録者数が1000人を超えていると解放されます。

コミュニティーと言いつつもYouTube登録者以外にも表示されるので、いいねやコメントが集中してバズればTwitterのように拡散されていきます。

最近このコミュニティー機能を使用して収益を上げているチャンネルが増えています。

例えばこちら。

YouTube アフィリエイト
紳士のロマンチャンネル

アダルト系なので、テキストの一部にモザイクをかけていますが、U-NEXTのアフィリエイトリンクが設置されており、ここから申し込みが入れば運営者にキックバックが発生します。

最近ASP担当者と話した際に、

ASP担当者

アカウントによっては、月数百万以上稼いでいますね

と言っていたので、これからYouTubeを運営する上で強力なツールになるのは間違いないです。

私はまだ有効活用できていないですが(´;ω;`)

❹自分の商品販売

私のメインはここですね。

私は以下のような商品を販売しているのですが、

こういった「自分の商品」を

  • 動画中で言及したり
  • 概要欄に書いたり
  • コミュニティーに投稿したり

その結果、そこそこの成果が出ています。

しょーごログ youtube
動画中で宣伝し、概要欄を見てもらう
https://www.youtube.com/watch?v=HDdJfva80gA&t=1211s
https://www.youtube.com/channel/UCdMzoB8z-zUwNOS9ZC4FsAQ/
概要欄には商品へのリンクを忘れずに
コミュニティーでアピール

売上でいうと、広告収益の数十倍はありますね。

YouTubeで直接商品販売も可能

YouTubrはクリエイターの商品販売にも力を入れていて、いくつかのEC系プラットフォームと連携させてYouTube上で商品を販売できるようになっています。

ライブ配信での販売など、ここは今後活発になっていきそうですね。

❺メンバーシップ

YouTube メンバーシップ

メンバーシップは月額課金で「特定の動画」を閲覧することができるようになる機能です。

YouTube登録者5000人~1万人の収入はどれくらいか 【9ヶ月分収益発表】
たにぐち まことのともすたチャンネル

たとえばこちらのチャンネルではメンバーシップになることで「プログラミング関連の限定動画」を見て学べるようになっています。

月額制なので、動画をどんどん投稿していけるYouTuberには重宝するかなと思います。

❻スーパーチャット

スーパーチャットは所謂「YouTubeライブでの投げ銭」です。

金額の「50%~70%」が配信者に入ります。

誰でも使えるわけでもなく、解放条件は

  1. 有効な公開動画の総再生時間が直近12ヶ月で4,000時間以上である
  2. 登録者数が1,000人以上いる

などと収益化の条件を満たしている必要があります。

しょーご
しょーご
ちなみにライブって賑わってる印象あるかもですが、ビジネス系の人の雑談だと登録者1万人とかいても、同時接続者数20人とかにしかならないので、活用するならウェビナー形式の有益なものや質疑応答回などがいいかなと思います。

❼スーパーセンクス(新機能)

これはまだ一部のYouTuberにしか解放されていませんが、スパチャがライブ配信のみだったのに対し、

スーパーセンクスは「投稿動画に投げ銭できる機能」です。

私も先日早速スーパーセンクスを行ったので、その画面でお話します。

YouTube登録者5000人~1万人の収入はどれくらいか 【9ヶ月分収益発表】
このように解放されているチャンネルでは「THANKS」の文字が。
YouTube登録者5000人~1万人の収入はどれくらいか 【9ヶ月分収益発表】
金額によりメッセージの色が変わる
YouTube登録者5000人~1万人の収入はどれくらいか 【9ヶ月分収益発表】
スパチャと同様でコメントが色付きで目立つので、見てくれやすいかも

結構アニメーションが凝っていてUXが良かったので、今度試しにスーパーセンクスしてみるといいかなと思います。

今からYouTubeを始めるのは遅くないし仕事にもなる

ここまで私のYouTube広告収益と広告収益以外のYouTube収益化手段を紹介してきました。

心配な人

YouTubeは今から参入オワコンじゃないの?

と思われてる方も多いと思いますが、今はニッチ分野で深い所までリーチするチャンネルが伸びやすい傾向にあるので、全然チャンスだと思います。

チャンネル設計を学ぶ

今は業界も成熟してきていて、良質なYouTube教材が揃っています。

私は見てきた中でダントツでクオリティが高かったのはこちら

【YouTubeを制覇する】視聴者とアルゴリズムに好かれるチャンネル設計の極意」ですね。

YouTube チャンネル登録者数を増やす

最初からこの教材に沿って動画投稿していればもっと成長していたのにと結構後悔しています。

今からYouTubeに参入するなら購入必須です。

YouTubeに特化した編集を学べる最強スクール

デイトラ動画編集コース

デイトラ」というオンラインスクールの「動画編集コース」は、YouTube編集に特化したスクールです。

YouTube編集は自分のチャンネルを編集するだけでなく、副業としてもYouTuberの動画編集で稼ぐことができます。

チャンネル設計に理解がある編集者

こういった人材は登録者数数万のYouTuberからは引く手あまた(私含め)なので、稼ぐスキルとしても動画編集おすすめです。

仮に自分のチャンネルが伸びなくてもスキルが無駄にならないのがいいですね。

動画編集コースを完走してレビュー記事を書いています。

おわりに

収益発表から副業としての動画編集まで広い話になりましたが、まだまだ美味しいのがYouTube業界になりますので、一緒に頑張っていきましょう!

あなたに是非読んでほしい記事です!