プログラミング

JavaScriptでモーダルウィンドウ実装【jQueryなし】

モーダルウィンドウ javascript

こんにちは、現在フリーのweb系エンジニアとして活動しているしょーご(@samuraibrass)です。

前回JavaScriptを触ったことのない方向けに、下記のような記事を書きました。

jQuery
脱jQueryの第一歩!JavaScriptでDOM操作してみよう【10分】こんにちは、現在フリーのweb系エンジニアとして活動しているしょーご(@samuraibrass)です。 最近はJavaScrip...

今回の記事も、jQueryからステップアップするためにJavaScriptを学び始めたい人向けになります。

今回は、モーダルウィンドウをjQueryを使わず、JavaScriptのみで実装してみようと思います。

田所くん
田所くん
モーダルウィンドウ、今までjQueryプラグインで作ってきたから、実は仕組みがわからないけど、大丈夫かなぁ

遠野さん
遠野さん
なんか複雑なコードになるんじゃ…

しょーご
しょーご
JavaScriptのコード自体は20行で終わるよ!半分は定数の定義だから難しくはないはず!

完成系の確認

codepenでも公開しました

See the Pen
modal-js
by samuraibrass (@samuraibrass)
on CodePen.


簡単に説明すると、『詳細をみる』ボタンをクリックすると、デフォルトでつけているhiddenクラスが外されてモーダルとマスクが出現し、

『閉じる』ボタンまたは、周りのマスクをクリックすれば、hiddenクラスがついてモーダルが閉じる仕様となっています。

cssでアニメーションを設定しています。

もっとも一般的なモーダルではないでしょうか。

それでは早速雛形のファイルを作って行きます。

index.htmlとstyle.cssとscript.jsを同階層に置いて読み込ませています。

HTML、CSSの作成

HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge">
  <title>モーダル</title>
  <link rel="stylesheet" href="style.css">
</head>

<body>
  <div id="open">
    詳細をみる
  </div>
  <div id="mask"></div>
  <section id="modal">
    <p>He said that that that that that boy used in the sentence was wrong.<br>あの少年がその文で使ったあのthatは間違っていたと彼は言った。</p>
    <div id="close">
      閉じる
    </div>
  </section>
  <script src="script.js"></script>
</body>

</html>

javascriptでhtml要素を取得するため、idをふっています。

openはモーダル表示、maskはモーダル周りの黒っぽい背景、modalはモーダル、closeは閉じるボタンです。

CSS

body {
  font-size: 16px;
}

#open,
#close {
  cursor: pointer;
  width: 200px;
  border: 1px solid #ccc;
  border-radius: 4px;
  text-align: center;
  padding: 12px;
  margin: 16px auto 0;
  background: #4caf50;
  color: white;
}

これで一度展開してみましょう。


このようになれば、ひとまずオーケーです。

次にmaskとmodalのcss作っていきましょう。

マスクとモーダルのCSS

#mask {
  background: rgba(0, 0, 0, 0.4);
  position: fixed;
  top: 0;
  bottom: 0;
  right: 0;
  left: 0;
  z-index: 1;
}

#modal {
  background: #fff;
  color: #555;
  width: 300px;
  padding: 40px;
  border-radius: 4px;
  position: absolute;
  top: 40px;
  left: 0;
  right: 0;
  margin: 0 auto;
  z-index: 2;
}

#modal p {
  margin: 0 0 20px;
}

#maskはposition: fixed;とrgbaで画面全体を黒っぽくしています。

#modalと#maskにz-indexを設定していますが、#maskは#modalより下に来ないと、#modalまで覆いかぶさって黒くなってしまうので、#modal>#maskに設定しています。

この時点で下の画面のようになるはずです。


しかし、マスクとモーダルは標準時には隠しておきたいですよね。

なので、cssを用いて見えない状態にしておきます。

display: none;とtransform: translateで隠しておく

<div id="mask" class="hidden"></div>
  <section id="modal" class="hidden">
#mask.hidden {
  display: none;
}

#modal.hidden {
  transform: translate(0, -500px);
}

htmlで”#maskと#modalにhiddenクラスを命名し、cssで隠しています。

#maskはdisplay: none;で普通に非表示にしていますが、今回モーダルは上から表示させたいので、

#modalはtransform: translate(0,500px);で、500px上に隠しておきます。


消えていたら、いよいよJavaScriptに入ります。

JavaScriptでマスクとモーダルを操作する

要素の取得

まずは要素を取得しつつ、定数に入れてやります。

前回の記事でこの辺りは説明しています。

jQuery
脱jQueryの第一歩!JavaScriptでDOM操作してみよう【10分】こんにちは、現在フリーのweb系エンジニアとして活動しているしょーご(@samuraibrass)です。 最近はJavaScrip...
'use strict';
{
  const open = document.getElementById('open');
  const close = document.getElementById('close');
  const modal = document.getElementById('modal');
  const mask = document.getElementById('mask');

}

今回は、『openをクリックすると、#modalと#maskのhiddenクラスが取り除かれて表示する』という設計なので、

openにクリックイベントをつけていきます。

'use strict';
{
  const open = document.getElementById('open');
  const close = document.getElementById('close');
  const modal = document.getElementById('modal');
  const mask = document.getElementById('mask');

  open.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.remove('hidden');
    mask.classList.remove('hidden');
  });
}

これで、”詳細をみる”をクリックすることで、モーダルとマスクのhiddenクラスが外されて、表示されるのが確認できるはずです。

しかし、再び非表示にすることはできないので、今度はhiddenクラスを再クリックで付与できるようにしてみましょう。

'use strict';
{
  const open = document.getElementById('open');
  const close = document.getElementById('close');
  const modal = document.getElementById('modal');
  const mask = document.getElementById('mask');

  open.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.remove('hidden');
    mask.classList.remove('hidden');
  });
  close.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.add('hidden');
    mask.classList.add('hidden');
  });
}

これでボタンを押せば消したり表示したりできるようになりました。

ただマスク部分を押しても非表示にできた方がユーザビリティ的にも自然なので、maskにもクリックイベントを適用します。

'use strict';
{
  const open = document.getElementById('open');
  const close = document.getElementById('close');
  const modal = document.getElementById('modal');
  const mask = document.getElementById('mask');

  open.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.remove('hidden');
    mask.classList.remove('hidden');
  });
  close.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.add('hidden');
    mask.classList.add('hidden');
  });
  mask.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.add('hidden');
    mask.classList.add('hidden');
  });
}

さあ、どうでしょうか。ほぼ完成したと思います。

最後にアニメーションを

モーダルを上からにゅっと表示させるため、transitionを追加してやります。すぐ終わります。

#modal {
  background: #fff;
  color: #555;
  width: 300px;
  padding: 40px;
  border-radius: 4px;
  position: absolute;
  top: 40px;
  left: 0;
  right: 0;
  margin: 0 auto;
  z-index: 2;
  transition: 0.4s;
}

#modalにtransitionを追加するだけですね。これで完成です。

JavaScriptでクラスの付け替え

今回JavaScriptでしたことと言えば、クリックした時にJavaScriptでcssのクラスをつけたり外したりしただけです。

中身がわかれば思っているほど複雑ではないです。

少しづつJavaScriptへの理解を深めていきましょう!

完成形

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge">
  <title>モーダル</title>
  <link rel="stylesheet" href="style.css">
</head>

<body>
  <div id="open">
    詳細をみる
  </div>
  <div id="mask" class="hidden"></div>
  <section id="modal" class="hidden">
    <p>He said that that that that that boy used in the sentence was wrong.<br>あの少年がその文で使ったあのthatは間違っていたと彼は言った。</p>
    <div id="close">
      閉じる
    </div>
  </section>
  <script src="script.js"></script>
</body>

</html>
body {
  font-size: 16px;
}

#open,
#close {
  cursor: pointer;
  width: 200px;
  border: 1px solid #ccc;
  border-radius: 4px;
  text-align: center;
  padding: 12px;
  margin: 16px auto 0;
  background: #4caf50;
  color: white;
}

#mask {
  background: rgba(0, 0, 0, 0.4);
  position: fixed;
  top: 0;
  bottom: 0;
  right: 0;
  left: 0;
  z-index: 1;
}

#modal {
  background: #fff;
  color: #555;
  width: 300px;
  padding: 40px;
  border-radius: 4px;
  position: absolute;
  top: 40px;
  left: 0;
  right: 0;
  margin: 0 auto;
  z-index: 2;
  transition: 0.4s;
}

#modal p {
  margin: 0 0 20px;
}

#mask.hidden {
  display: none;
}

#modal.hidden {
  transform: translate(0, -500px);
}
'use strict';
{
  const open = document.getElementById('open');
  const close = document.getElementById('close');
  const modal = document.getElementById('modal');
  const mask = document.getElementById('mask');

  open.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.remove('hidden');
    mask.classList.remove('hidden');
  });
  close.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.add('hidden');
    mask.classList.add('hidden');
  });
  mask.addEventListener('click', function () {
    modal.classList.add('hidden');
    mask.classList.add('hidden');
  });
}

JavaScriptをしっかり学ぶ

web制作に特化したJavaScript学習法を解説しました。

【2020年最新】web制作のjQuery,JavaScriptの勉強方法まとめ【一年半思考錯誤した】
【2020年】web制作のjQuery,JavaScriptの勉強方法まとめ【一年半思考錯誤した】web制作、アプリやサービス開発向けのjQuery,JavaScriptの「もっとも効率の良い」勉強方法を解説しました。具体的な使用教材や流れ、学習のポイントを解説しています。...
 

また、モーダル含めweb制作でよくある7つのパーツの実装練習ができる教材を出しています。

jQuery,JavaScript両方の解答コードも載せておりますので、web制作に特化したJSを練習されたい方はぜひ!!

\\\コーディング教材公開中///

HTML初心者からWordPress実案件レベルまでのコーディング教材noteで公開しています。

XDからの模写コーディング教材

XDデザインデータからのコーディング経験を積むことができ、ポートフォリオとして活用していただくことも可能です

初級編は初めてデザインからコーディングする方向け、中級編はJavaScriptやjQueryの練習、上級編WordPressの実案件を模擬体験できるレベル感にしています。

しょーご

自分が「これを実案件までに学習しておくと良いな」と感じたポイントを詰め込んだ教材になります!

マガジンでまとめて購入していただくとお得になります。

書籍だけではなかなか実力がつかないので、ぜひ腕試しにご利用ください!!