プログラミング/仕事

Web制作の営業文の添削サービスを始めました!【制作会社営業】

Web制作の営業文の添削サービスを始めました!【制作会社営業】
本ページにはプロモーションが含まれています。

ありさちゃん
ありさちゃん
制作会社に営業するけど、営業文ってどうすればいいんだろう、できればプロに文章やポートフォリオを添削してもらいたい…

こんな悩みを解决するサービスを出しましたので、今回は営業文添削について紹介していきます。

しょーご

この記事を書いたのは
しょーご@samurabrass

このブログ「しょーごログ」の運営者。2018年からエンジニアとしてサイト制作やシステム開発を行いつつ、ブログとYouTubeで情報発信を行っている。駆け出しエンジニアのコーディング課題添削も行う。

大量のコピペ営業文が届く

営業ノウハウ教材というのは世にたくさんありますが、実はそれを見ても、コピペ営業文になってしまっているのに、気づけない人が多いです。

コピペ営業文って、すごく分かりやすいんですよね。

  • 名前だけ変えれば遅れそうな体裁
  • どんな相手にも遅れそうなほど、汎用的な文章
  • すぐ自分のアピールを始める

私の元にも、主に企業から多くの営業文が届きますが、100通来て成約したのは3通程度だと思います。

しょーご

あー他の人にも大量に送ってるんだな、というか私にそのニーズ明らかに無いでしょ、てか名前間違ってるし

という例が企業ですら、あります。

決まった型で大量送信するのは、正しいのか?

営業には「質なのか、量なのか」という永遠の命題があります。

もちろん量は大切です。月100件営業できる人は数ヶ月あれば、ほぼ確実に初案件にはたどり着けるでしょう。

でも、そんなに待てますか?そんなに本当に営業の数こなせますか?

2023年以降はもう営業をかける人がたくさんいるので、ネットで検索してすぐ出てくるような会社には大量に営業メールが寄せられています。

だから、大量送信しているコピペ営業って、見飽きてて

制作会社社員

あぁ〜はいはいまたこのコピペが来たよ。見飽きたよ、これ。

この問題が顕著になっていると考えています。

雛形コピペをちょっと改変するのじゃ、足りません。

私は「一社一社真剣に営業をするべき」だと考えています。

以下を見てください。

Aさん:一ヶ月で150件メール営業を行う
返信率は2%。よって一ヶ月の返信=3件

Bさん:一ヶ月で60件メール営業を行う
返信率は10%。よって一ヶ月の返信=6件

質を上げた提案のほうが、返信率やその先の成約率は上がるということです。

丁寧な営業が心を動かす

今すぐに振れる案件が無い会社の方が多いですが、丁寧な営業に対しては、繁忙期にまた連絡をくれる可能性があります。
よって、将来的に見ても丁寧な営業は大切だと考えます。

自分ではダメな点に気づけない

営業文を出す時は、大抵の人は

まさひろくん

これぐらいの文章なら問題ないはず!!

と思うかもですが、ただ単に雛形をちょっと変えただけの文章を使っていたりします。

これはまずいですね。

営業を受ける側は、あなたが思っているより賢く鋭いです

特に見知らぬ人間からの営業なんて、身構えて当然です。

なのに、突然よくわからない「制作パートナーになりませんか?」という文章を脳死で書いてませんか?

制作会社営業文の書き方と添削を受けられる

今回紹介する私の課題では、制作会社営業を学べるだけでなく、「二回の営業文添削+営業文記載のポートフォリオ添削」を行います。

また、実際に営業をかける企業をベースに営業文を作成していただくので、添削を受けたあとはそのまま企業に営業文を送ることが可能です。

しょーご

以下が課題リンクなので、気になる人は以下より詳細を見てみてください!

\ブログ版はこちらから/

\note版はこちらから/

【添削します】Web制作会社に特化した最強の営業法の解説と実践課題【あなたの文章と作品を鬼レビュー】
https://note.com/samuraibrass/n/ne0a7cc25cb7a

【添削あり】Web制作会社に特化した最強の営業法の解説と実践【営業文を実際に書いて見てもらおう】

投げ銭機能を設置しました!

寄付とメッセージには全て目を通させていただきます!

🍺 ビールをプレゼントする

あなたに是非読んでほしい記事です!