プログラミング/仕事

Web制作実案件の進め方・流れ【完全解説】

Web制作実案件の進め方・流れ【完全解説】

こんにちは、現在Web系フリーランスとして3年ほど活動しているしょーごと申します。

この記事では「Web制作実案件の進め方・流れ」についてまとめていきます。

Web制作の流れ

Web制作の流れについては、以下の記事にまとめました。

基本的にはこのひと記事でOKです。

実案件前に準備するもの

実際の案件ではいくつか用意しておかないと後悔するツールがありますので、紹介しています。

Adobe CCは必ず必要

MacユーザーはWindowsを準備しておくこと

見積もり書、請求書、会計

必ず会計ソフトfreeeで各種書類を発行できるようにしておきましょう。

確定申告など除き、とりあえず無料で使い始めることができます。

案件前に確認すること

実際のコーディング案件に入る前に確認するべきことがあります。

ここを確認しないと、案件が普通に炎上しますので、何を事前確認しておくべきか、この記事で確認しておきましょう!

しょーご
しょーご
案件前に必要事項を事前確認出来ていない人が大半です

コーディング後にチェックすること

コーディングを終えて初稿チェックに出す前に、 チェックしておくべき項目をまとめておきました。

セルフチェックした上で相手に確認してもらうのは、最低限のマナーです。

進捗報告のやり方

相手に現在の進捗を報告するときは、テキストだけでなく、わかりやすくテスト環境にアップロードして行うのが基本です。

以下の記事でその手法をマスターしておきましょう!

納品方法まとめ

Web制作案件はコーディングしたら終わりではありません。

以下の記事で「納品方法」を予習しておきましょう!

失敗の予防法

案件で失敗はつきものです。

失敗しないでフリーランス人生を終える」ことは100%不可能です。それより「失敗率を下げる」ことにフォーカスするべきです。

以下の記事では

  • 失敗率を下げる方法
  • 失敗からのリカバリー方法

について述べています。

他のまとめ記事一覧↓

Web制作勉強法【完全まとめ】

Web制作案件獲得・受注方法【完全まとめ】

Web系の仕事で役立つ便利ガジェット・サービス

あなたに是非読んでほしい記事です!