ホテル宿泊体験記

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった【ヒルトン・ダイヤモンド】

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
本ページにはプロモーションが含まれています。

こんにちは、現在フリーランスとして働きつつ全国でワーケーションをしている、しょーご(@samuraibrass)です。

【goodroom(サブスくらし)】というサブスクサービスを使って全国のホテルを、一ヶ月単位で格安で転々としています。

現在「月1で珠玉の宿・ホテルに泊まる」ことをしており、今回は「第11回」になります。

今回はシンガポールの「コンラッド・シンガポール」に宿泊してきたので、その感想を書いていきます。

立地が最高で、エグゼクティブ・ラウンジの満足度がかなり高い

こんなホテルでした。

シンガポール・コンラッドの価格を見てみる

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

しょーご

この記事を書いたのは
しょーご@samurabrass

このブログ「しょーごログ」の運営者。2018年からエンジニアとしてサイト制作やシステム開発を行いつつ、ブログとYouTubeで情報発信を行っている。駆け出しエンジニアのコーディング課題添削も行う。

シンガポールの旅程について

今回はシンガポール旅行の宿をコンラッド・シンガポールにしたので、前半にコンラッドシンガポールの紹介、広範をシンガポール旅行について書こうと思います。

ちなみに以下が旅程です。

シンガポールの旅程

一日目:16:00 ホテル着、部屋とラウンジ 19:00~ ガーデンズバイザベイ

二日目: 朝からセントーサ島でアクティビティ

三日目:オープントップバスツアー、ラッフルズでアフタヌーンティー、博物館、夜にマーライオンとシンガポールフライヤー

四日目:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとTWGでアフタヌーンティー

コンラッド・シンガポールとは?

https://conrad.hiltonhotels.jp/hotel/singapore/conrad-centennial-singapore

コンラッドシンガポールと読んでいますが、正式名称は「コンラッド センテニアル シンガポール」です。

コンラッドは、ヒルトングループの中でも上から二番目の高級度を誇ります。

https://conrad.hiltonhotels.jp/hotel/singapore/conrad-centennial-singapore

以前もコンラッド東京を記事にしています。

コンラッドシンガポールの位置は、中心部にあり、観光地に近く立地がかなり良いです。

今回はヒルトン・ダイヤモンドでの宿泊なので、以下の特典がありました。

ヒルトンダイヤモンド特典
  • 12:00からのアーリーチェックイン
  • 16:00のレイトチェックアウト
  • 朝食無料
  • エグゼクティブラウンジが無料
  • 客室アップグレード(今回は高層階に)

止まった部屋は一番下のデラックスルームで、一泊¥50,000ぐらいでした(3泊したので、15万ぐらい)

コンラッド東京は一泊¥70,000~10,0000なので、日本よりは少し安いかも?

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

コンラッドシンガポールへのアクセス

コンラッドシンガポールは、チャンギ空港からMRTで行きました。

プロムナード駅まで向かいます。

シンガポールのMRTはタッチ決済可能なクレジットカードなら、そのまま乗れます。

コンラッドシンガポールのロビー

まずは入り口からロビーに入っていきます。

ドアマンの方が複数人体制。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

とても天井が高いです。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ピアノの生演奏がありました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらはバーですね。利用しておけばよかった。

ハロウィン期間に行ったので、レストランのスタッフもコスプレしてました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

コンラッドベアーと記念撮影。このクマはコンラッドに高額貢げばまた会えます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

コンラッドシンガポール デラックスキングルーム部屋

さて、部屋に向かう前に、今回予約した部屋について。

一番オーソドックスな「デラックスルーム」を予約していましたが、ヒルトンダイヤモンドの力によって、高階層の「エグゼクティブルーム」になりました。

部屋の広さや内装はデラックスルームと一緒で、高階層になっただけです。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

階は24階。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

部屋に入ります。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

安定の広さ、眺めが良さそうな予感です!

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ウェルカムギフトがありました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

不思議な味のクッキー。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ベッドはかなり大きめ。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

窓の外からは、世界一大きい噴水、富の噴水(ファウンテン オブ ウェルス)が見えます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

何やら音楽イベントを行っているようで、爆音が聞こえていました。

こちらはコーヒーコーナー。安定のネスプレッソ。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

紅茶はロンネフェルトですね。せっかくなので本家TWGでも良かったのですが…

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらは有料のミニバー。毎回思うんですが、高級ホテル初見だと、これも無料だと思っちゃいませんかね…?

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらはバスルームです。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

アメニティ各種は、安定のBYREDOですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

コンラッドダックがお出迎え。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

BYREDOのアメニティ類。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

バスソルトもありました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

傘もありました。シンガポールはスコールがあるので、助かります。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ドライヤーはPHILIPSのもの。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

いつも通り、ベッドダイブしておきます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ベッドの質が良いことを確認しました。

夜景も綺麗です。

シンガポールの旅程
一日目:16:00 ホテル着、部屋とラウンジ 19:00~ ガーデンズバイザベイ  二日目: 朝からセントーサ島でアクティビティ  三日目:オープントップバスツアー、ラッフルズでアフタヌーンティー、博物館、夜にマーライオンとシンガポールフライヤー  四日目:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとTWGでアフタヌーンティー
しょーご

部屋はマリーナ・ベイ側じゃないですが、富の噴水は意外にいい味出してますね。

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

コンラッドシンガポールのラウンジ カクテルタイム編

さて、今回は31階最上階のラウンジが使えるので、ラウンジに行きます。まずはカクテルタイムから。

  • 朝食7:00-10:30(土日祝日は11:00まで)
  • アフタヌーンティー15:00-17:00
  • カクテルタイム18:00-20:00

シンガポールは常に30度近くありますが、ラウンジなどの会場のドレスコードはスマートカジュアルで、短パンやビーチサンダル、タンクトップは禁止のはずですが、半パンの欧米のおっさんが散見されました。

ガタイがデカいから注意しにくくて多分許されてるのは、ずるい笑

カクテルタイムは18:00からのはずですが、アルコール自体は昼過ぎから提供されています。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

コンラッドシンガポールの特徴ですが、ラウンジは結構空いている印象です。

コンラッド東京は激混みだったので、とても快適でした。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ひとまずシンガポール名物のタイガービールで乾杯しておきます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

カクテルタイムのフード類はこんな感じ。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

シンガポールでよく食べられているカレーパフがありました。

カレー餃子の形で包んだ揚げパイで、シンガポールローカルフードの定番。おやつなどの軽食として食べられます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ラウンジではつい爆食爆飲してしまいがちになります。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

なんと!!カクテルタイムには、有名なスパークリングワインである、シャンドンがお目見え!!

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

もちろん飲みまくりです。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

また、シンガポールはシーフードが活かしてますね。スモークサーモンを爆食いしていました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらは二日目のラウンジの様子です。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

サーモンとシャンドンだけで優勝できます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
しょーご

う〜ん、優雅に読書しているマダムを見ながら、一日ラウンジで読書するだけの究極の暇を作れるように、仕事頑張らないとなと思いましたね。

今は身を削って頑張って泊まっている感覚があるので。

コンラッドシンガポールのラウンジはスタッフが足りてる感じでした。

コンラッド東京などはワンオペみたいになっていたのに、ここは5人ぐらいは常に人がいて、細かな気配りが効いてて凄いですね。

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

シンガポールコンラッドの朝食(オスカーの場合)

朝食7:00-10:30(土日祝日は11:00まで)

朝食は選択肢が2つあり、一般宿泊者と同じく一階レストランの「オスカー」で朝食を食べるか、ラウンジでいただくか。

オスカーの方が広いので、種類が豊富です。

最初の朝食はオスカーで頂きました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ここはラーメンスタンドとエッグステーション。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ここではおかゆを作成できます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

これは自動でオレンジ絞ってジュースにするマシーン。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

このような盛り付けになりました。

種類も豊富で、最高ですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

シンガポールコンラッドの朝食(ラウンジの場合)

二回目からはラウンジで朝食を食べました。

正直ラウンジはかなり空いていて、31階最上階の景色は最高なので、ラウンジを使えるならラウンジがおすすめですね!

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

料理の種類はラウンジでも十分すぎる量があります。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

エッグステーションでオムレツを作ってもらいました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

おかゆも最高ですね。

日本のおかゆは出汁が入って無くて美味しくないですが、中華圏のおかゆは鶏だしや魚の出汁が効いていて、とてもオイシイです。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

また、このローマイガイ(モチ米と鶏肉、しいたけなどを使った甘辛いちまきのような料理)が最高にオイシイですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
しょーご

多分気の所為なんですが、ラウンジの朝食の方が美味しかったような。。。気のせいか…

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

コンラッドシンガポールのラウンジ アフタヌーンティー

さて、ラウンジでは15;00~17:00の間はアフタヌーンティーが提供されています。

サンドイッチやスイーツ、セイボリーが登場。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

定番のスコーンとクロテッドクリームやジャム。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

地味に飲茶がとてもオイシイですね。

日本人的には、シンガポールの食は中華圏の文化に支えられていると感じます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

コンラッドシンガポールのプール

コンラッドシンガポールの4階にはプールがあります。

ビルに囲まれた眺めが最高ですね!!

夜でも25度くらいあるので、寒くない。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

なんと、結婚式を隣でやってました笑

こっちは海パン一丁なのに笑

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ここで一日、読書するだけの日を夢見ています。仕事がんばらないと…

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

昼だとレモンウォーターをいただけます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

今回はジムは行かなかったですが、基本的なマシーンは揃っている感じですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
しょーご

屋外プール最高なんですが、日本のプールは屋外に作ると激寒になるから、基本屋内ですよね。

しょーご

シンガポールは常夏なので、気兼ねなく屋外で泳げるのが素敵です!

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

シンガポール観光

ここからはシンガポール観光について書きます。

以下の日程で動いていたのでした。

シンガポールの旅程

一日目:16:00 ホテル着、部屋とラウンジ 19:00~ ガーデンズバイザベイ

二日目: 朝からセントーサ島でアクティビティ

三日目:オープントップバスツアー、ラッフルズでアフタヌーンティー、博物館、夜にマーライオンとシンガポールフライヤー

四日目:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとTWGでアフタヌーンティー

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、マリーナ・ベイ・サンズの隣にある広大な植物園です。

コンラッドシンガポールから徒歩圏内にあります。

マリーナ・ベイ・サンズも見えます。

ライトアップショーが毎日19:45からあり、それを見ました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

また、有料ゾーンとしてはフラワーゾーンクラウド・フォレストの2つを見ました。

2つ合わせて53ドルです(6000円ぐらい)

こちらがフラワーゾーン。世界各地の植物があり、かなり涼しいのが助かりました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらがクラウド・フォレスト。なんと写真の滝の上まで行けます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

空中通路が楽しいですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
しょーご

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイはかなり広いので、ここで紹介しているポイントだけで楽しめると思いました。

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

セントーサ島

セントーサ島はアクティビティが楽しめる島ですが、少し離れているので、MRTで行きます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

目玉はUSSなんですが、映画や元ネタを全く知らないので、行きませんでしたw

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

その代わりに来たのがここ、アドベンチャーコーブ・ウォーターパーク、つまりプールです。

入場料は40ドル(¥4,500ぐらい)です。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ここで注意。水着とビーチサンダルとタオルはレンタルできないので、準備必須です!!

プール内で買うと、ビーチサンダルに20ドルとか取られます。

しょーご

まあ、ビーチサンダルは無くても大丈夫でしょ

と思ってたんですが、足が砂利によって死にました…絶対揃えてください。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

一番おもしろいのはウォータースライダーですね!

めちゃくちゃ怖かったです笑

https://www.kkday.com/ja/product/3070-adventure-cove-waterpark-ticket
https://www.kkday.com/ja/product/3070-adventure-cove-waterpark-ticket
https://www.kkday.com/ja/product/3070-adventure-cove-waterpark-ticket

ロッカーはクレジットカードの支払ができたのが便利でした。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

また近くにマレーシア・フードコートがあるので、そこで昼飯を食べました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

めちゃくちゃデジタル化されていて、全部タブレットで注文ができるので、かなりデジタル化されていますね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

料理はそれぞれ十数ドルだったと思います。

3つで36ドル(¥4,000)とかでした。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

これがラクサですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

アトラクションは、他にはスカイライン・リュージュも良かったですね。

確か30ドルぐらい。

上からカートで降りてくるやつです。

まずはリフトで上まで登っていきます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

その後、一気に坂を下っていきます。

意外に他人と距離あって怖くないですし、操作も簡単です。そのくせ楽しいので、バランスが良いですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
しょーご

プールでびっくりするほど日焼けしたので、日焼け止めは必須ですね…

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

オープントップバスツアー

シンガポールでコスパよく各地を巡るなら、バスツアーはおすすめです。

以下のルートを周回しているバスに乗り放題になるツアーに参加しました。

https://jtbmybus.files.wordpress.com/2023/04/121150_big-bus_apr23_bus-map_lr-1.pdf

こんな感じで、とても爽快です!!

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

また、各言語のガイドがあるので、解説を聞くことができます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ちなみに、マンションに番号が書いてあるのが、シンガポール現地人の8割が住むと言われる「HDB(Housing Development Boardの略でシンガポール国民を対象とする公団住宅)」です。

外国人は購入不可ですが、賃貸ならいけるそう。

それでも日本人が許容できる場所だと、毎月40万とかかかってくるので、安くはないですよね…

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらはオーチャードです。日本の銀座みたいなショッピングの場所。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

シンガポールは「インド系、マレー系、中華系」の3民族で構成されているので、以下の地区があります。

これらをバスで手軽に巡ることができるのが良いですね。

ここはリトルインディアという、インド人街です。きれいなシンガポールの中にあって、カオスな部類です。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ここはムスリム街のモスクですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらはチャイナタウン。ここで降りて昼飯をホーカーで食べます。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

マクスウェル・フードセンターで海南鶏飯を食べます。

海南鶏飯はシンガポールフードで一番有名だと思います。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

前に並んでいる人もシンガポールのサラリーマンだったので、地元の人はランチにホーカーによく来るようです。

海南鶏飯は5ドル(550円)なので、かなり良心的ですね。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
しょーご

バンコクとかだと40バーツ(160円)でも食べられるので、東南アジアの中ではこれでも高い方なのかもですけど。

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

ラッフルズアフタヌーンティー

さて、今回の旅程の中には「ラッフルズでアフタヌーンティーをいただく」というのも入っています。

アフタヌーンティーの本場は英国だと思いますが、そんな英国文化を濃厚に受け継いだ最高級ラッフルズのアフタヌーンティー、ヌン活としては必見です。

シンガポールに来たからには、行きたいですよね、ラッフルズホテル。

ただ宿泊費は…

泊まるのは無理ゲーなので、せめてアフタヌーンティーで雰囲気だけでも…という感じです笑

ちなみに、ラッフルズのアフタヌーンティーは一人104ドル(¥11,000)でした。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

伝統的に、門番はインド人が務めるというしきたりがあります。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

品格が高すぎて、中に入るだけで緊張してきます笑

一応ドレスコードで、短パンは避けてきました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ハープの生演奏。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

今回いただくアフタヌーンティーはこれ。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

とてもしっとりしたスコーン。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

そして、究極的に美味しく、一つ一つが芸術品のスイーツとセイボリーたち。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
しょーご

これまで国内のリッツカールトンなど、様々なアフタヌーンティーを食べてきましたが、アフタヌーンティーの概念が変わってしまいました。

是非、ラッフルズのアフタヌーンティーをおすすめします。これは王ですね。

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

マーライオンとシンガポールフライヤー

札幌の時計台並みにガッカリ観光地と言われるマーライオンですが、なんと現在工事中ということで、秒で見終えることになりました笑

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

小さい…

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらはシンガポール・フライヤーという、アジアで一番デカい観覧車です。こちらに乗ります。料金は39ドルぐらい(¥4,500)

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

このようなポッドに乗ります。全然揺れません。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

シンガポール全体の夜景が見れるので、とてもおすすめです!!

しょーご

マリーナ・ベイエリアの夜景はめちゃくちゃ綺麗ですね。観覧車は30分ぐらいで一周します。

フードコート(ホーカー)での食事

普段の食事は、ラウンジ以外ではホーカーがメインでした。

まずはこちらはコンラッド近くにある「Makansutra Gluttons Bay(マカンストラ・グラットンズ・ベイ)」というフードコート。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

こちらの空芯菜が10ドル(1100円)です。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

また、マリーナ・ベイにもかなりデカいショッピングモールがあり、そこにもホーカーがあります。

ここではバクテーを食べたり(18ドル)

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった

ホッケンミーという米粉麺を食べたりしてました。

コンラッドシンガポール宿泊ブログ!ラウンジが最高のオアシスだった
しょーご

ホーカーは基本混んでるので、席取りゲームですね。

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

シンガポール総評

今回の旅を総括すると、

シンガポールは高いが、それなりのクオリティが揃っており、料理は東南アジアの中でもかなり美味しい。お金があれば幸せに生きれるので、移住せざるを得ないなら、一番移住したい場所

という感じでした。

コンラッドに関しては、当たりのホテルだったと思います。

最近は東京もホテルがかなり高いので、もはやシンガポールのホテルの方がコスパ良い説もあります。

特にラウンジ体験がコンラッド東京以上に良かったので、おすすめしたいですね。

シンガポール人は英語も中国語も流暢に話すので、国際的にも生きやすそうで羨ましいなと思ったり、独立の歴史も勉強になりました。

東南アジアの苦難と発展の歴史を見ると、仕事のやる気にも繋がります。

シンガポールは年々移住の条件が上がっており、現地就労以外だと、起業家としてシンガポール人を雇ったり、巨額の不動産を持ったりしないといけないので、厳しそうですが、たまにいけるようにはしておきたいですね。

最近は日本がやばくなったときにどうするかも考えていたので(戦争と税金と社保)、シンガポールは最後の手段として、要チェックだなと思います。

\シンガポールで高級ホテルに泊まるならコンラッド!/

これまでの宿泊実績はこちら

しょーごログホテル宿泊体験記シリーズ
https://shogo-log.com/category/life/hotel-stay/

著者について

私は大学卒業の2018年から、スクールに通って完全未経験から「Web制作」を軸に仕事にしており、ずっとフリーランス&フルリモートワークをしています。

具体的には「企業のWebサイト・システムの構築」を請け負っていて、こういったブログの運営や同名のYouTube「しょーごログ」も運営しています。

今は完全に「場所と時間にとらわれない」ので、全国各地を「【goodroom(サブスくらし)】」というサービスを使ってホテルぐらしをしつつ、ワーケーションして巡っています。

それが叶えられたのも「Web制作」という仕事の特性ゆえです。

Web制作を独学で学ぶ「完全独学で即戦力レベルになれる学習ロードマップ」も無料公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。

しょーご

この業界は今人手不足なのでロードマップをこなしていただければ、フリーランスだけでなく、Web系の企業に未経験でも就職転職もしやすいです!

Web制作完全独学ロードマップ

Web制作完全独学ロードマップはこちら

投げ銭機能を設置しました!

寄付とメッセージには全て目を通させていただきます!

🍺 ビールをプレゼントする

あなたに是非読んでほしい記事です!