ホテル宿泊体験記

【宿泊ブログ】銀山温泉の本館古勢起屋が食べ放題飲み放題で最高の体験だった【オールインクルーシブ】

【宿泊ブログ】銀山温泉の本館古勢起屋が食べ放題飲み放題で最高の体験だった【オールインクルーシブ】
本ページにはプロモーションが含まれています。

こんにちは、現在フリーランスとして働きつつ全国でワーケーションをしている、しょーご(@samuraibrass)です。

【goodroom(サブスくらし)】というサブスクサービスを使って全国のホテルを、一ヶ月単位で格安で転々としています。

現在「月1で珠玉の宿・ホテルに泊まる」ことをしており、今回は「第8回」になります。

しょーごログホテル宿泊体験記シリーズ
https://shogo-log.com/category/life/hotel-stay/

2023年5月仙台に滞在しており、今回は近場の山形県尾花沢市、銀山温泉の本館古勢起屋に宿泊してきたので、その感想を書いていきます。

本館古勢起屋の価格を見てみる

一言でいうと、

大正時代の面影もありつつ、食べ放題・飲み放題付きの画期的な体験

これを体現した旅館だと感じました。

私は山形育ちなので、その視点も記事に入っています。

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

しょーご

この記事を書いたのは
しょーご@samurabrass

このブログ「しょーごログ」の運営者。2018年からエンジニアとしてサイト制作やシステム開発を行いつつ、ブログとYouTubeで情報発信を行っている。駆け出しエンジニアのコーディング課題添削も行う。

銀山温泉とは?

https://yamagatakanko.com/attractions/detail_2832.html

銀山温泉のルーツは、銀山の鉱夫が発見した足利幕府時代(15世紀)までさかのぼります。

江戸時代の寛永期(17世紀前半)には人口20万から30万を数えるほど栄えましたが、正保元年(17世紀中期)から銀採掘が衰退していき、

替わって温泉湯治が盛んになっていっていきました。

しょーご

銀山隆盛→枯渇→温泉街へという流れです。

その後、1913年の大洪水により温泉街は壊滅し、その後、地元財界の力で復興し、その時に現在の温泉街の光景が作られています。

https://www.kankokeizai.com/より 昭和初期の銀山温泉

1983年のNHK連続テレビ小説『おしん』の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった経緯があります。

しょーご

私は山形育ちですが、銀山温泉は今回20年振りでした(当時小学生)
インバウンドが爆発している今でも、全く雰囲気は変わりませんね。

本館古勢起屋とは?

https://www.kosekikan.com/

本館古勢起屋」は今からおよそ100年前の大正・昭和初期、日本の建築様式に大きな影響を与えたアール・デコ様式で建てられた旅館です。

本館古勢起屋の部屋数は「14室」で、銀山温泉の特徴として、銀山荘以外は「全体的に客室数が少ない」です。

小関吉左衛門が慶長年間に米沢より銀山温泉に越し、両替商を営み始めた所が起りとされています。

しょーご

ちなみに現在は14代目とのこと。地方の超富裕層や…

「本館古勢起屋」はその歴史的価値から、登録有形文化財に指定されています。

https://www.kankokeizai.com/より 初期の本館古勢起屋

2022年7月に全面リニューアル開業が行われ、当時の大正レトロさを残しつつ、モダンで清潔感のある内装になっています。

改修では出来る限り古材を再利用し、日本の伝統工法である「木組み」の技を用いるなど当時そのままの佇まいを再現しています。

本館古勢起屋はオールインクルーシブ

オールインクルーシブとは?

オールインクルーシブは”宿泊料金の中に飲食代が入っている”ことを指します。本館古勢起屋の場合は、提携店では無限に飲食ができます。

今回は一人¥33,500で泊まりました。

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

本館古勢起屋へ向かう

銀山温泉はかなり辺鄙な場所にあります。

今回は電車で行くので、最寄りの「大石田駅からの送迎」をお願いしました。

まず山形市の「そば処・郷土料理 紅山水」でぶっとい田舎そばを食べて補給。

山形駅から大石田駅まで山形新幹線で向かいます。

大石田駅周辺は何もありません、田舎です(これだと怒られそう、千本団子と蕎麦がありますね)

ここから、本館古勢起屋の送迎バスに乗ります。

というわけで、バスで30分程度で着きました!

足湯もあります。

仲居さんが待っていてくれたので、宿まで案内していただきます。

ここは「能登屋」ですね。銀山温泉で一番大きな旅館で、よく「千と千尋のモデルになった」と言われる場所です。

さて、本館古勢起屋に着きました!!

リノベされたとは思えないほど、レトロ感を演出できていますね。

早速入っていきます!

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

本館古勢起屋のチェックイン・部屋

館内に案内していただくと、とても綺麗な感じです。

しょーご

リノベしたとは言え、当時の趣をかなり再現していますね。

本館古勢起屋はオールインクルーシブなので、ここの飲み物は飲み放題です!!

ワインもあれば、

お茶、コーヒーもあります。

まずは、フロントロビーでチェックインを行います。

なんと、チェックインの合間に飲み物がオーダー出来ると言うので、初手スパークリングワインをオーダーしましたw

以下が飲み物のメニューです。

夕食は「野川亭」「しろがね」という二箇所の場所でいただけますが、

メイン:野川亭で地元料理フレンチ

サブ:しろがねでつまみとお酒

という区分になっています。

また、帰りも大石田駅まで送迎をお願いできます。

お風呂(内湯)は二種類あり、時間によって変わる形式です。二日目に入ります。

しょーご

この後解説しますが、本館古勢起屋に露天風呂は無いので、系列の銀山荘を使わせてもらう形式です。

なんと、エレベーターもありますが、階段を使って部屋まで行こうと思います。

この階段は大正時代のものをそのまま再利用しているそうです。つまり100年前の階段…

古勢起屋の開祖の「初代小関吉左衛門」が大変書道に精通していたことから、各地に書道作品が展示されています。

階段の踊り場のスペースには、温泉街を見渡せる椅子が設定されています。

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

本館古勢起屋の部屋

今回は「川側3階の部屋」を予約しています。

このルームキーは使い捨てで持ち帰っていいらしいです。

部屋はこんな感じ。大正モダンな感じが出てます!

部屋からも温泉街を見渡すことができ、ちょくちょく街の人や向かいの「能登屋」「永澤平八」の宿泊者と目が会いますw

しょーご

ここでお酒飲んだら絶対に美味しいよ…

部屋には昔の「黒電話」がありました。なんとフロント・ロビーへはこれで連絡するらしいです笑

では、バスアメニティを見ていきます。

内湯にはアメニティが無いので、シャンプーなどの支給がありました。

古勢起屋コーヒー。

女性の化粧品。

男性の化粧品。

しょーご

なんか喉が乾いてきたので、お米ジュースを一杯持ってきました。

しょーご

市井の人々を見下ろしながら飲むお酒はサイコーだぜ!!(酔った)

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

銀山荘の露天風呂へ!

さて、本館古勢起屋には露天風呂が無いので、系列の銀山荘に入りに行きます。

しょーご

循環バスが出てるんですが、大量の観光客に押されて乗れませんでした。歩いて行きます。

銀山荘は「高級温泉ホテル」という感じで、伝統的な旅館というより、もう少し現代寄りですね。

部屋数も相当あり価格も”銀山温泉の中では平均程度”ではあり、客室数も「40室」あるので、銀山温泉の過半数の観光客を収容しているイメージです。

しょーご

というか、銀山温泉が知名度の割に客室数少なすぎなんですよね…

ちなみに、露天風呂から見える風景はこんな感じです。たまに猿が見えるらしいです。

https://www.ginzanso.jp/onsen/
https://www.ginzanso.jp/onsen/
しょーご

立ち湯・寝湯が最高で、ずっと入れる感じでした。最高の温泉ですね!

銀山温泉の散策へ!

さて、銀山温泉街の探索を行います。

まずここが今回の夕食処の「野川亭」です。

こちらが「古山閣」という旅館。

左官職人の「鏝絵」が有名です。

こちらは隈研吾がデザインした「藤屋旅館」です。かなり高級感があります。

こちらは「古勢起屋別館」です。こちらはリノベされておらず、当時の雰囲気を残しています。

こちらが銀山温泉で一番有名な「能登屋」になります。公式サイトで予約しようにも全部バツになっています(・・;)

ここは昭和の香りがかなりしますね。

さて、ここから銀山温泉の奥地に行ってみます。

ここがオールインクルーシブ提携している「しろがね」です。ここは本館古勢起屋に泊まっている人は、飲食フリーになっています。

更に奥に行きます。

すると、おや…?

めっちゃ滝がある!?

しょーご

想像以上に勢いが凄くて、夏場はマイナスイオンがたくさん浴びられそうです。

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

本館古勢起屋のディナー・夕食

部屋で少し安んだので、18:30、夕食に行きます!「野川亭」に来ました。

野川亭の飲み物メニューはこちら。ワインのボトル以外は無料です。

また、今回のお品書きはこちら。

まずはスパークリングワインで乾杯!!

うま〜〜〜!!

本日のアミューズは、春キャベツ。

オードブル5種。

しょーご

蕎麦の実を食べたのはとても久しぶりでしたね。コリコリしている。

さて、日本酒も飲んでいきますよ。

サーモンと酒粕とフキの味噌。

ロゼ。

本鰆。紅花が散らされているのが山形ポイント。

山形産黒毛和牛たち。

つや姫を、お好みの食べ方で…

しょーご

写真越しで伝わる、このモチモチ感、分かります?

デザートプレートは、吹き景色の中の女性、大正ロマンを感じさせる情景です。

お茶のカップにも紅花が。

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

銀山温泉の夜景を見る

さて、ここから銀山温泉のメインコンテンツ、夜景を見ていきます。

古山閣。

能登屋。

古勢起屋別館

本館古勢起屋

ということで、最高の写真を撮ってもらいました!!!

しょーご

どうも、十五代目、小関吉左衛門です。

本館古勢起屋限定、無料で飲食できる”しろがね”へ

さて、腹7分目ぐらいで程よい感じなので、このまま”しろがね”でオールインクルーシブを極限まで楽しませていただくとしますよ。

本館古勢起屋利用者には専用のメニューが存在します。

しょーご

注意点として、全てのメニューが無料ではなく、一部有料になっています。

おや、日本酒飲み比べが無料じゃないか…?これは…

はい。

しょーご

出羽桜のつや姫がとてもフルーティーで飲みやすかったですね。

つまみに「豚肩肉山形味噌の炭火焼き」と

「豚バラ肉のトマト煮込み」「からあげポテト」を注文!

ということで満腹になったので、帰還。本館古勢起屋の踊り場スペースでゆっくりします。

りんごジュースが、染みますわ〜

本日はこれにて!!就寝!!

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

本館古勢起屋で目覚めの朝

目覚めたら、雨が降っていました。

昨日のアルコールが若干残っているので、本館古勢起屋の内湯に入ってみようと思います。

温泉は朝8時に男女交換になるので、

その前後で白と黒、両方入りました!

https://www.kosekikan.com/onsen/
https://www.kosekikan.com/onsen/
しょーご

両方全く違くいいのですが、黒の方が落ち着きがあって好きですね。

ドライヤーはダイソンでした👍

マニア向けに、温泉分析書です。

本館古勢起屋の朝食

さて、温泉に入って完全にお腹が空き空き状態になったので、朝食を食べにロビーラウンジに来ました。

品数がめちゃくちゃ多い!!

中でも、以下の「さくらんぼ鳥の胸肉低温調理」は最高でした。胸肉が甘い!!!

あとこれは、おしんがご飯にかけて食べていた、大根と大根の葉を使って仕上げる「大根飯(おしんめし)」です。

しょーご

これめちゃくちゃ美味しいですよ!これだけでご飯消しますからね。

山形といえば、芋煮。山形県民は10月とかに食べるので、5月に食べるのは新鮮な感じです。

芋煮は囲炉裏で温められているのが粋ですね。

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

銀山温泉の奥の散策

さて、チェックアウトしたので、帰りの送迎バスまでの時間を潰すために、奥地に行きます。

銀鉱洞へ冒険!

昨日来た滝を横目に、登山をします。

こちら側は全く人がいないですね。少し怖い…

銀鉱洞までは結構距離があり、きれいな自然を見つつ歩きます。

ここで、不穏が看板が…

しょーご

いや〜ぶっちゃけここで熊が出ても、逃げ切れないですね…祈るしか。

ここが銀鉱洞の入り口です。熊隠れてたらどうしよう…

中はめちゃくちゃひんやりしており、所々ライトが切れています笑

また、手すりが壊れていたり、修繕があまり行き届いていない様子笑

そして、出口はめちゃくちゃ狭い笑

更に、立入禁止と思われるチェーンは謎に解除されており、さすがに先に進むのはやめました笑

疎水坑

引き返して、滝のすぐ近くに謎の坑道があるので、入ってみました。

ここは江戸時代に、運搬用に1000m程度掘ったようですが、今は途中で崩落しているようです。

途中から水が溜まっていて、怪しげな雰囲気を醸し出しています。

銀山温泉で蕎麦ランチ!伊豆の華へ

さて、ランチまで微妙に時間が余ったので、ホテルに戻ってスパークリングワインを飲みました笑

しょーご

チェックアウトしても、しばらく飲み放題可能らしいです。しかも”しろがね”も昼利用可能らしいです。

オールインクルーシブ最高すぎでは…?

銀山温泉のランチは「伊豆の華」で揚げ茄子おろしそば

銀山温泉でのランチはいくつか候補があるかと思いますが、やはり鉄板は「揚げ茄子おろしそば」でしょう!

伊豆の華」に来ました。ここは超人気店ですが、11:30なので、まだ空いていて窓側に座れました。

揚げ茄子おろしそばが来ました。

しょーご

揚げ茄子が甘くてとてもいい感じですね!古山閣が見えて、雰囲気も最高です。

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

銀山温泉の本館古勢起屋の感想

オールインクルーシブの価値が想像以上に高かった

オールインクルーシブを利用するまでの私の印象は

しょーご

う〜ん、1つ1つの質はぶっちゃけ低いんじゃない?

と思っていましたが、思い違いでした。

たしかに、フリードリンクのワインが高級品かというと、そんなことはないです。

【宿泊ブログ】銀山温泉の本館古勢起屋オールインクルーシブが最高の体験だった【飲み放題】

しかし、「価格を気にせず、昼から、お金を気にせず飲める価値」が想像以上に高かった印象です。

ホテルでお酒を飲もうとすると、どんな低価格でも、一瞬は費用が脳裏をよぎります。

それが一切なく、財布すら持たずに飲み歩ける体験は、かなり価値が高いですね。

人に温かみがある

よく

山形は人がいいですよね〜

と言われてきましたが、山形育ちの私は実感がなく「そうかな?」と思っていたのですが、各地を回って温かみを再発見することができました。

良く言えば「アットホームな感じ」悪く言えば「ラグジュアリーホテルのかしこまりまくったスタッフ感」はないですが、それが刺さるのかもしれません。

しょーご

私の地元の東根が近いので、東根のローカルトークをしまくってました笑

\本館古勢起屋の価格はこちらから/

銀山温泉の本館古勢起屋はめちゃくちゃおすすめできる

【宿泊ブログ】銀山温泉の本館古勢起屋オールインクルーシブが最高の体験だった【飲み放題】

本館古勢起屋は改装されとても清潔感がありつつ、大正ロマンな雰囲気を残しており、宿泊先第一候補として「強く」おすすめできる宿です!

しょーご

銀山温泉に行く際は、是非”本館古勢起屋“へ!!

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/184539/184539.html

他のホテル・旅館宿泊一覧

このブログでは、管理人しょーごが珠玉の宿に定期的に泊まり、おおよそ月一回更新しています。

その他の記事は以下より。

しょーごログホテル宿泊体験記シリーズ
https://shogo-log.com/category/life/hotel-stay/
著者について

私は大学卒業の2018年から、スクールに通って完全未経験から「Web制作」を軸に仕事にしており、ずっとフリーランス&フルリモートワークをしています。

具体的には「企業のWebサイト・システムの構築」を請け負っていて、こういったブログの運営や同名のYouTube「しょーごログ」も運営しています。

今は完全に「場所と時間にとらわれない」ので、全国各地を「【goodroom(サブスくらし)】」というサービスを使ってホテルぐらしをしつつ、ワーケーションして巡っています。

それが叶えられたのも「Web制作」という仕事の特性ゆえです。

Web制作を独学で学ぶ「完全独学で即戦力レベルになれる学習ロードマップ」も無料公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。

しょーご

この業界は今人手不足なのでロードマップをこなしていただければ、フリーランスだけでなく、Web系の企業に未経験でも就職転職もしやすいです!

Web制作完全独学ロードマップ

Web制作完全独学ロードマップはこちら

投げ銭機能を設置しました!

寄付とメッセージには全て目を通させていただきます!

🍺 ビールをプレゼントする

あなたに是非読んでほしい記事です!