プログラミング/仕事

Web制作フリーランスになるのに必要な物・費用の全まとめ!【意外にお金がかかる】

Web制作フリーランスになるのに必要な物・費用の全まとめ!【意外にお金がかかる】

こんにちは、現在フリーランスのweb制作者として3年ほど活動しているしょーごと申します。

今回は私がWeb制作フリーランスとして活動する上でかかった費用についてお話します。

しょーご
しょーご
よっしゃ、パソコンも買ったし勉強したし、案件に取り組むかー!
しょーご
しょーご
ありゃ!これ買わないといけないのか、これもあれも、めちゃお金かかるじゃん!もう貯金ないよ〜!_(┐「ε:)_

といったことがありましたので、みなさんはこの記事を呼んで事前に何にどれぐらいお金がかかるのか認識しておくようにしましょう。

必要なのはパソコンだけではありません。

この記事で学べること

Web制作フリーランスになるうえでかかる費用及び調達手段、お得に入手・契約する方法

Web制作を仕事にする上で
お金がかかるもの一覧

  • パソコン
  • ネット環境
  • スクール費用
  • 学習教材費用
  • Adobe CC
  • サーバー・ドメイン
  • WindowsOS(Windowsの人はMacOS)
  • freee(フリーランスになるなら)
  • WordPress有料テーマ
  • 自宅作業環境
  • 名刺
  • 住民税、健康保険料

Web制作で必要なもの① パソコン

当たり前ではありますが、パソコンが必要です。

以前「Web制作・デザインに最適なパソコン」について述べていますので、詳しくはこちらを御覧ください。

MacBookがベストだが…

私は基本的にMacBookがいいと思っています。

ただ、これからWeb制作を始める方の圧倒的大多数がWindowsをお使いかと思います。

なので、スペックを満たせていればまずは大丈夫かなと思います。

最低スペック

CPUcorei5
メモリ8GB
ストレージSSD256GB

推奨スペック

CPUcorei5~7
メモリ16GB
ストレージSSD512GB

スペック不足を一番実感するのは、Photoshopやイラレのデザインカンプをもらったときです。メモリが4GBだとまともに動かなくなります笑

ちなみに、MacBookを買うなら、上記スペックを兼ね備えたMacBook Airで十分かと思います。

Web制作で必要なもの② ネット環境

ネット環境は誰の家にあるわけではありません。

しかし、実際に案件に取り組むようになると、家に「安定した」ネット環境があるのは必須になってきます。

ネット環境がないと不便なこと
  1. 顧客と案件開始まえのビデオミーティング、しかしネット回線が不安定で遅延が起こり、円滑にいかず終了。
  2. 1GB近くあるデザインデータを受け取るも、ダウンロードに一時間かかる
  3. WordPressサイトを本番に公開しようとするも、マイグレーションファイルが大きすぎて、寝て起きても終わっていない(実体験)

一つ一つ恐ろしさを説明していきます。

①ビデオミーティングでの遅延への印象

フリーランス ビデオミーティング

発注者の視点からだと、シンプルに「コミュニケーション・制作には不安定そうな環境だな」と思います。

実感としてネットのスピードが最低10Mbpsないと、円滑なビデオミーティングができないので、相手の心象を鑑みても必要です。

ありさちゃん
ありさちゃん
それなら出先で行えばいいのでは?
しょーご
しょーご
いいけど、そのたびにお金かかるし、カフェとかだと環境音がうるさいので、マナーとしてどうかと思うかな、あと気密性の高い話をしているときに、人のいる所でされると気にもなるしね。
しょーご
しょーご
まあ気にする人は気にするので

②③ 巨大データを扱えない

家のネットスピードが遅いと、Web制作で扱いがちな巨大ファイルが手に負えなくなることがあります。

例えば私の場合は、泊まっている宿のネットスピードが「2Mbps」しかでなく、WordPressサイトの本番環境への反映(All in one WP Migration)に半日かかりました。

しょーご
しょーご
ようは納品に戸惑ったということです

ネットのスピードのせいで、当初予想していた工数を意外なところでオーバーしてしまったので、ネット環境は大事です。

出先での安定したネット環境

もし外出さきで作業することが多い方は、「ポケットWIFI」を利用すればOKです。

私が利用しているのは縛りなしWiFi通常プランですが、

毎日2GB使える上に、契約期間の縛りがない&常に20Mbps出ていてスピードも安定しているので、

出先で作業することも多い私には重宝しています↓↓↓

カフェなんかのWiFi使うよりこっちの方が途切れないし使いやすいですね。

Web制作で必要なもの③ スクール費用

学習をスクールで進める人も多いかと思います。

例えばWeb制作を勉強されるなら、最近リリースされた、案件獲得して納品まで経験できるテックアカデミーの6ヶ月間の『Web制作副業コース』に通う人がいるかもしれません。

Webデザインを学ぶなら、

Web制作会社の雄、LIGが運営するクリエイタースクールの『【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】』で、

Webデザインを勉強する人もいるでしょうし、

こちらは実戦形式で広告運用を学べるマケキャン』に行く人もいると思います。

メンターをつける場合も

Web制作で必要なもの④ 学習教材費用

エンジニア 勉強

これはエンジニアになる以上、どんなベテランもずっと勉強を続けるので付き合いの長いものになります。

想像より多くの参考書を見ることになると思います。

本や動画がメインになりますが、最近が学習サービスも多いですね。

以下は私が過去に学習する上で使ってきてよかった教材になります。

私がWeb制作関連で読んできてよかった本

プログラミング関連で良かった動画教材

WordPressのPHP勉強法

エンジニア35歳定年説

学習を止めるな

この「エンジニア35歳定年説」もあながち馬鹿にできるものでもなく、

学習を続けるのが想像以上に大変なため、プログラミングを好きでない人は35歳前に脱落し他の道にいくのだと思います。

特にWebの世界は変化が激しすぎるので、どんどん学習していく癖をつけておくのが、とってもとっても大事です!

Web制作で必要なもの⑤ Adobe CC

Adobe CC web制作 おすすめ 最安

Adobe CCはもしあなたがWeb制作者になるたい場合、間違いなく必要になります。

Web制作会社と仕事がしたい!」という場合はもはや逃れるすべはありません。

Adobe CCが必須である理由

制作現場でほとんどのWebカンプはPhotoshopもしくはillustratorで作られている→Adobe CCを持っていないとデザインデータを開けない→案件開始前に持っていない&当然使い方を学習していない→差し迫る納期の中契約して、素材書き出しの学習からしないといけない→追い詰められ激しい後悔

しょーご
しょーご
これは私の実体験です、XD,Figmaはみんな使っているとは限らないね…

Adobe CCを最安で手に入れる方法

Amazonがいくらセールをしようが以下の記事の手法より絶対に安くなりません。この3年間そうでした。

デザイナーだけではなく、コーダーにも必須のツールになりますので、ぜひ最安で契約しておきましょう!

ちなみにPhotoshopからのコーディング練習できる教材を作成予定です。こちらのマガジンに加えようと思います。

Web制作で必要なもの⑥ サーバー・ドメイン

サーバー・ドメインは以下のような場合に必要になります。

  • 自分でブログを立てる
  • ポートフォリオサイトを作る
  • お客さんの代わりにドメイン・サーバーを契約する

お客さんの代行作業

ドメイン・サーバーをどちらが契約するかは案件によりますが、直請けの案件だと

お客さん

ドメイン・サーバーとかわからないから契約してよ。お金払うから

と言われるケースが大変多いです。

こんなときに自分でドメイン・サーバーの契約をしたことがない人は苦労します笑

なので私は案件前に「自分でWordPressブログを公開する」ことを推奨しています。

Web制作で必要なもの⑦ WindowsOS(Windowsの人はMacOS)

これもAdobe並に想定外になりやすいコストですが、Windows,MacOSのOSを揃える必要があります。

  1. WindowsPCを持っている人→MacOSが必要
  2. Macを持っている人→WindowsOSが必要(つまりWindows10)
 OSを揃える理由
  1. フォント確認
  2. ブラウザ確認(Chrome,FIrefox,Safari,Edge,IE)

詳しくは以下の記事を御覧ください。

Web制作で必要なもの⑦ freee(フリーランスになるなら)

フリーランスになる予定なら、

  • 開業届
  • 青色申告承認申請書

これを開業freeeで作成して提出し、日々の会計及び確定申告を会計freeeで行う必要があります。

遅かれ早かれ必要になるので、無料会員登録でいいので、登録しておきましょう!

Web制作で必要なもの⑧ WordPress有料テーマ

WordPressのテンプレートテーマを使用する場合、こちらで建て替えて実費請求する場合があります。

テンプレートの相場は大体¥15,000~30,000程度です。

テーマの使用代金はきちんと請求すれば先方から負担してもらえますが、一時的に立替えることになるので、

直近のキャッシュフローが安定していない人には予想外の出費で厳しいかもしれません。

Web制作で必要なもの⑨ 自宅作業環境

リモートワーク デスクツアー おすすめ

作業環境もとても大切です。

個人的に誰しも必要だと思うのは「PCスタンド」「モニター」です。

無くても仕事はできるが、ないともう仕事にならない」ほど、快適になります。

おすすめスタンド

おすすめモニター

デスク周り全アイテム

Web制作で必要なもの⑩ 名刺

フリーランスは何気ない出会いが案件につながることが多いです。

そんなときに「自分を想起してもらうツール」として「名刺」が生きてきます。

しょーご
しょーご
よく名刺交換の際に名刺出さない人いるけど、めちゃ機会損失だと思うよ!

名刺自体はデザインをCanvaで作成し、ラクスルで印刷・配送しました。

おまけ:住民税、健康保険料

これを読んでいる方がもし会社員で、将来的に退職→フリーランスを目指している場合はここ要注意です。

まず住民税・健康保険はフリーランスは自分で支払わなければなりません。

私は新卒一ヶ月で退職したので無関係でしたが、フリーランス独立すると前年度の会社員時代の所得にかかる住民税・国民健康保険翌年6月から支払わないといけないので、

貯金を残しておかないと納税で苦しむことになります。

周りの会社員時代に高所得だった駆け出しフリーランス仲間は、いきなり住民税で数十万飛んでいてかなり苦しんでいました笑

これも思わぬ出費となりがちなので、以下の本で軽く予習しておきましょう。

これ一冊確定申告まで対応できます。

Web制作フリーランスになるには意外に多くの費用がかかる

ここまでWeb制作フリーランスになるうえでかかる費用を解説してきました。

勉強もしたしパソコンもあるし準備万端!!」では実はないので、

何にいくらかかるのか

あらかじめわかっておくといいですね。

今回の記事がそのお役に立てれば嬉しく思います。

それでは!

\\\コーディング教材公開中///

HTML初心者からWordPress実案件レベルまでのコーディング演習課題noteで公開しています。

コーディング課題 XD PSDデザインデータ配布
  1. XD,PSDデザインからのコーディング
  2. 2回の表示確認特典
  3. ポートフォリオOK

初級編は初めてデザインからコーディングする方向け、中級編はJavaScriptやjQueryの練習、上級編WordPressの実案件を模擬体験できるレベル感にしています。

しょーご

自分が「これを実案件までに学習しておくと良いな」と感じたポイントを詰め込んだ教材になります!

さらに、まとめて購入していただくとかなりお得になります。

コーディングは書籍だけではなかなか実力がつかないので、ぜひ腕試しにご利用ください!!

あなたに是非読んでほしい記事です!